下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横須賀 走水・観音崎 70年前の遺構④

180206-145145-走水20180206 (538)_R
書かれている文字は『観音崎灯台所轄地』と読める

これが日本初の本格的灯台『観音崎灯台』の3代目
180206-145211-走水20180206 (540)_R
180206-145435-走水20180206 (549)_R
180206-145417-走水20180206 (545)_R
明治11年竣工か、、、
180206-145539-走水20180206 (550)_R
美しく彩られた現灯台
180206-145553-走水20180206 (551)_R
これがその姿
180206-145658-走水20180206 (558)_R
内階段の螺旋を登っていくと
180206-145940-走水20180206 (569)_R
案外というか、結構ばてたりなんかして
180206-150036-走水20180206 (572)_R
やっぱり自分はもう若くないのかあと、自分を振り返る

灯台から見えた風景はこんな感じ
180206-145641-走水20180206 (556)_R
あんなにもコンテナを積んで、船は沈没しないんですねえ

観音崎灯台のライトはこんな感じ
180206-150430-走水20180206 (607)_R
いろいろ屈折しているのは、遠く離れた船にもこの明かりを見てもらえるよう工夫したもの

そして、この小さな島みたいなものが、人工島
『第一海堡(かいほ、かいほう)』
180206-150702-走水20180206 (612)_R
そして、『第二海堡』
180206-150715-走水20180206 (614)_R

そして、この訪問の一週間後に追浜の公園で見かけたのが、
今は海上には無い『第三海堡』
180212-142437-追浜・田浦201802 (133)_R
軍事遺構とはこんな風なのかと、知りました。

横須賀 走水・観音崎 70年後の遺構③

走水砲台跡は、原則非公開で、横須賀市によるツアー実施や
ボランティア団体の方によるガイド付きの場合に限って公開されるらしい

走水神社を離れ、観音崎方面に向かう
180206-141339-走水20180206 (404)_R
こちらは県立の公園となっていて、あの日本最初の灯台、観音崎灯台もこの地に

ああ、この案内図を見ると、かなりの数の砲台跡が公園内に残されている模様
期待が膨らむkozoh55
180206-140712-走水20180206 (388)_R
そして、この小さな入り江にも遺構らしき姿
180206-141213-走水20180206 (403)_R
地元の方のお話だと、この先までつながっていて

軍事物資はここで降ろされ、各要塞に運ばれたそうです
180206-141111-走水20180206 (397)_R
戦後70年目の遺構の始まりの始まり
180206-141150-走水20180206 (398)_R
その先の山の上に聳えるのは灯台ではなく
180206-135348-走水20180206 (360)_R
『東京湾海上交通センター』
180206-135949-走水20180206 (378)_R
安全な海上交通のための守り神様かな

交通センターに向かって山を歩く
180206-141629-走水20180206 (410)_R
ただ、歩く
180206-141637-走水20180206 (412)_R
ひたすら歩く
180206-141810-走水20180206 (414)_R
センターに到着、、と思った時
180206-141913-走水20180206 (417)_R

その脇に、在るものに気が付く
180206-142051-走水20180206 (421)_R
やはり
180206-142314-走水20180206 (427)_R
恐ろしいほどの迫力
180206-142718-走水20180206 (451)_R
これが戦争遺構というものか、、、
180206-142628-走水20180206 (444)_R
180206-142639-走水20180206 (445)_R
180206-142856-走水20180206 (458)_R
このトンネルも戦時中に作られたものだろう
180206-143001-走水20180206 (464)_R
『北門第2砲台』
180206-143253-走水20180206 (475)_R
明治13年着工、17年完成

横須賀 走水・観音崎 70年後の遺構②

『走水神社』
180206-125726-走水20180206 (166)_R
180206-125739-走水20180206 (168)_R
180206-125809-走水20180206 (170)_R

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東征の際に、走水の地から船で房総へ渡ろうとして
暴風雨に見舞われ、行く手を阻まれてしまう

その時、日本武尊の妻の弟橘媛(オトタチバナヒメ)が荒れ狂う海に身を投げ
航海の安全を祈ったという
180206-130018-走水20180206 (175)_R
猿みたいで可愛い狛犬
180206-130033-走水20180206 (177)_R

現在もこの奉納物でこの神社で何を祈願しているかがわかる
180206-130505-走水20180206 (199)_R
そう、航海の安全、上は巨大な『舵』
下は『錨(いかり)』
180206-130519-走水20180206 (202)_R
そして神木
180206-130627-走水20180206 (206)_R
階段を上がり、拝殿に
180206-130759-走水20180206 (217)_R
180206-131250-走水20180206 (246)_R
この奉納品は何?
180206-130910-走水20180206 (222)_R
ロシア海軍の機雷だという
180206-130926-走水20180206 (224)_R
東郷平八郎、乃木希典らが建立した弟橘媛(オトタチバナヒメ)記念碑
180206-131529-走水20180206 (260)_R

そして、この神社の丘の最上部に来てみると
180206-131915-走水20180206 (276)_R
石の祠3体が、どっしりと鎮座していた
180206-132026-走水20180206 (279)_R
180206-132120-走水20180206 (281)_R

近年、出水神社は、開運願いはもちろん、
明治、大正、昭和初期までは海軍の守り神
現代は、、、、、
『女子力アップ』のパワースポットとして人気急上昇中
ほう、だからこそ、平日にもかかわらず、若い女性が一人で
ひっきりなしに訪れるわけですよね

横須賀 走水・観音崎 70年後の遺構①

横須賀市『走水(はしりみず)』聞きなれない地名、
けれど、古事記で登場するという、この三浦半島で一番古くから伝わる地名

京浜急行線馬堀海岸駅を降りて、観音崎方面のバスに乗り
180206-121616-走水20180206 (99)_R
走水上町を下車
180206-121212-走水20180206 (86)_R
つい数日前に首都圏で大雪が降ったことなど
180206-121254-走水20180206 (88)_R
全く関係無いような、穏やかな海
180206-121301-走水20180206 (90)_R
そして暖かな気候

釣り人を出迎える街
180206-121838-走水20180206 (106)_R
漁師のいる街
180206-121925-走水20180206 (110)_R
180206-121316-走水20180206 (91)_R
古いものが似合う街でもありそう
180206-125636-走水20180206 (165)_R
180206-125623-走水20180206 (162)_R

海岸線に突然現れる小さな森
180206-122901-走水20180206 (123)_R
その先にあるもの
180206-122932-走水20180206 (125)_R
柵に守られているこの地は
180206-123010-走水20180206 (127)_R
何者か
180206-123028-走水20180206 (129)_R
立入禁止の案内
180206-123259-走水20180206 (139)_R
漁船の、その先にあるもの、その脇にあるもの
180206-123735-走水20180206 (144)_R
この小さな山の中にあるもの、それが
180206-124319-走水20180206 (155)_R
『走水砲台遺構』

十条 こんな温かい街があるなんて(9)

十条は商店街三昧な街
『十条中央商店街』
180125-161620-十条20180125 (322)_R
『天国』さん
180125-161730-十条20180125 (325)_R
扉が開く世界、その先にあるもの
180125-161744-十条20180125 (327)_R
いろんなお店があったよ
180125-161758-十条20180125 (330)_R
180125-161847-十条20180125 (331)_R
180125-161948-十条20180125 (337)_R
お、商店街が一気に華やかな感じが
180125-162340-十条20180125 (355)_R
『十条 篠原演芸場』
180125-162410-十条20180125 (356)_R
大衆演芸場、身近な演芸
180125-162523-十条20180125 (360)_R
地域の人が大衆演芸を支え
180125-162506-十条20180125 (358)_R
地方の役者たちが
180125-162548-十条20180125 (362)_R
この街を、いっそう素敵にしてくれる、盛り上げてくれている
180125-163357-十条20180125 (381)_R
十条って、凄いんです

それにしても
180125-164121-十条20180125 (391)_R
飲み屋さんも
180125-164149-十条20180125 (392)_R
よりどりみどりですわ
180125-164212-十条20180125 (393)_R
『スナック どんぞこ』と来たもんだ