下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横浜根岸 遺構surprise

偶然出会った「旧柳下邸」は和館、洋館、蔵、どれも
私には宝物でありながら、どこか住んでみたくなるような
場所でもありました。

再び「山元2丁目商栄会」めざして歩き始め、
根岸の1本横浜寄りの駅「山手」そして「石川町」駅方面に向かう
そう、山手というだけあって、山を登るがごとき歩み、

もうすぐ山元町が近いね、と、見えてきた風景
横浜根岸 (376)_R
何物だ、これは、幻か?
横浜根岸 (378)_R
丸いのは、時計?いや窓のようだ
横浜根岸 (383)_R
三棟が連なっていると思えた建物は
横浜根岸 (385)_R
たった一つの建物
横浜根岸 (391)_R
子供達が遊ぶ公園になっているこの地
横浜根岸 (396)_R
格別な見晴らしの地でもある
横浜根岸 (397)_R
もう一度ぐるりと回って撮ってみた
横浜根岸 (399)_R
側面からのこの姿を獲った時、
やっと説明書きらしきものを見つける
横浜根岸 (404)_R

「旧横浜競馬場 一等馬見所」
幕末、開港された横浜に外国人専用の遊戯施設として競馬場が作られた。
この建物はその後の1929年(昭和5年)に建築されたもの。

ここから見ると、
ほんの少し「観覧席」という機能があることが理解出来た。
横浜根岸 (407)_R

1880年には日本人の参加が認められ、この競馬場では、
横浜根岸 (416)_R
今の「天皇賞」や「皐月賞」が初めて行われることになる。
凄い話、凄すぎる場所、それが「旧横浜競馬場」

関連記事
おー!途中からほぼ同じコースで歩きました。
我々も旧柳下邸を経由して最後にこの根岸競馬場に来ました。
競馬場は数年前にアップしたんですが、夏だったためツタに覆われていました。
今回はその時とは違った姿だったので、行ってみて良かったです。
[ 2015/04/06 17:56 ] [ 編集 ]
旧柳下邸の存在初めて知りました。
中学時代実習生が旧柳下邸より奥の坂下町に住んでて、遊びに来ないかと誘われて行ったのが50年ほど近く前のこと。
当時は根岸線が開通して間がないころで1時間に3本ほどしか列車が通ってなかった時代だし、坂下町の上は米軍のハウスが建ち並んでて異国情緒満点でした。
森林公園じたいなかったし競馬場は閉ざされてました。
それにしてもいろんなところへ神出鬼没ですね~
森林公園は広々してるし夜景マニアも行くようですよ。
[ 2015/04/06 18:01 ] [ 編集 ]
こんばんは
友達の実家が横浜で、教えてもらった横浜競馬場跡がっ!
根岸森林公園ですねー

子供たちが芝生で遊んでいるこの場所で競馬が何レースも行われたと思うと
とても不思議な感じがしますが
この時代の風景を想像するのも楽しいかもしれませんね?
[ 2015/04/06 20:49 ] [ 編集 ]
Re: k.shun10さんへ
こんばんは、コメントくださりありがとうございます。
さすがですね、すでに旧横浜競馬場は紹介済みとは。
今回の記事、全ては読ませていただいた記事をヒントにして
スタートしたものですから、感謝、感謝でございます。
丸山市場、柳下邸、そしてこの旧横浜競馬場どれも衝撃的な出会いでしたが、
実は今日アップ予定している『山元町二丁目昭栄会』が
心に残る発見だったかもしれません。
是非そちらも見にいらして下さいませ。
またぜひ遊びにいらして下さい。
[ 2015/04/06 21:08 ] [ 編集 ]
Re: freecat2828さんへ
こんばんは、コメントくださりありがとうございます。
いや~下調べをしないで行くと、こんなにも驚きに出会えるのですね~
私は柳下邸全然知らなくて、旧横浜競馬場全く知らなくて、
目にして存在を知るというほぼ『遭遇』という感じでした。
森林公園の夜景、人気なんですか。でもちょっとホラーかもしれませんね。
あの競馬場跡、中に入ると最高の怖い館かもしれません。
50年前の根岸は、それこそ風光明媚な場所だったのでしょうねえ。
またぜひ遊びにいらして下さい。
[ 2015/04/06 21:18 ] [ 編集 ]
これは歴史的な建物なのですね
それにしても凄い建築物ですね
[ 2015/04/06 22:42 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
お晩です、コメント下さりありがとうございます、masamiさん。
そうでしたか~あの公園は根岸森林公園というのですね。
そうなんです、あまりにも子供達の遊ぶ、あどけない風が、
そこにある遺構とまさに対極な感じもいたしました。
でも、だからこそ訪れる者に美しく映えるのかもしれませんね。
競技場の遺構全体を見ることが出来ない(米軍基地と隣接)
からこそ、確かに数千人の観客がここで大歓声を上げていたなどとは
想像することが出来ない、そんな不思議です。
なんどか想像してみたのですけど、、、
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/04/07 01:51 ] [ 編集 ]
Re: ゆきゆきさんへ
おはようございます、コメント下さりありがとうございます。
昭和6年に作られたこの建物は、確かにコンクリートの建物が
駒沢給水塔のように作られてきている時代ではありますが、
あの異様な姿でぽっかりと残されていることが、
見る人を釘付けにしてしまう、存在感に満ちていました。
遺構でもあり、廃墟でもあるのかもしれません。
まるで、街の中にぽっかりと炭鉱遺跡が残されたかのうようです。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/04/07 08:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する