下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

桜の街 もう一度訪ねたい 本誓寺

私はたぶん、このお寺の染井吉野に
憑りつかれているのだと思う。
桜の街2015 (392)_R
「本誓寺」
桜の街2015 (427)_R
このお寺自体はさほど有名でないかもしれない。
近くにある「清澄庭園」の方がよほど人気スポット。
桜の街2015 (429)_R
けれども、このお寺の桜の美しさは、格別だ。
桜の街2015 (399)_R
狂っているように咲き誇るかと思えば、
桜の街2015 (413)_R
仏像と共存している姿は
桜の街2015 (412)_R
気高き姿にも私には映った
桜の街2015 (420)_R
全て、役割を果たしている
桜の街2015 (558)_R
最後の写真、これにて今年の桜の記事は、あっという間に終えるのです。
桜の街2015 (538)_R

いかがだったでしょうか、「桜の街 もう一度訪ねたい」シリーズ。
今年、初めて「やるべきことはやったな」そういう満足を感じました。
昨年は強風と荒天で、かむろ坂はまともに紹介出来なかったのです。
目黒川もずっと涙してましたから。
桜の夢のような記事は今日が最後。
ご訪問下さった皆さん、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55
関連記事
「私はたぶん、このお寺の染井吉野に
憑りつかれているのだと思う。」
小説の出だしみたいでドキドキしちゃいました(笑)
桜には「取り憑かれる」美しさがありますよねー
[ 2015/04/02 04:44 ] [ 編集 ]
Re: ちまちま子さんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
もともと、本誓寺を知ったのは、清澄庭園への通り道として、、
以来、今年の春で3回目の訪問。
清澄庭園には2カ所しか桜は咲いてない。
ほんと不思議なんですが、本誓寺には私のように
憑りつかれたような表情の、いろんな年齢の男女が、
彷徨いこんでいました。この日も何人も何人も、
不思議な処です、このお寺。
またぜひ遊びにいらしてください。


[ 2015/04/02 23:50 ] [ 編集 ]
こんばんは
色々な方のブログを見て桜を楽しんでいるのですが(笑)
仏像と桜の写真がとても素敵だなぁって思いました。

全ての力を出しきった桜だと思う気がするほど
迫力のあるお寺の桜ですね。
[ 2015/04/04 21:09 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
おはようございます、コメント下さり感謝いたします、masamiさん。
ほんと仏像と桜、特に染井吉野は、溶け入るような
自然な組み合わせですね。
ブログのお友達が桜の咲く様を『怖いような』という言葉を使ってました。
過ぎる様、美しすぎる様に、何か多くの人は不安を覚え、
仏像へ目が行ってしまうのかなあなどと考えたりしました。
そんな姿が迫力となって伝わっていく、
またぜひ遊びにいらして下さい。
[ 2015/04/05 07:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する