下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

東京駅STORY ~旧中央停車場~(2)

日本橋にそびえるこの歴史的建築物を御存じでしょうか
日本橋ぶらり (267)_R
「日本銀行本店」は明治29年竣工、設計者は「辰野金吾」
日本橋ぶらり (224)_R
このドーム、あの建物に似てますね

そう、それが大正2年建築の、辰野金吾設計による「東京駅」
常盤平 (48)_R
それまで、西からの国鉄は新橋駅が終点、東の終点が私鉄日本鉄道の上野駅
常盤平 (81)_R
新橋、上野を繋げる鉄道を作るために「中央停車場」は生まれました。
常盤平 (85)_R
そう、日本の中心の「東京駅」として
常盤平 (101)_R
辰野金吾さん、本当に美しい建物を作って下さり
常盤平 (54)_R
ありがとうございます。
常盤平 (38)_R
そう、ここは皇室専用の場所なんです
常盤平 (26)_R
江戸城、皇居と向かい合ってますから

屋内もこれまた「別嬪」そのもの
常盤平 (58)_R
常盤平 (74)_R
ドームの天井部分
常盤平 (98)_R
二階からの眺め
東京駅2000 (121)_R

大正2年に作られた初代東京駅は、東京大空襲により
大きな損害を被り、結果、当初の3階建てから2階建てに変更して
継続して使われていたのですが、
2003年に国指定重要文化財となり、その後、2007年に建築当時の姿への
復元工事が始まり、2012年10月1日現在の姿になったのです

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する