下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

江戸の南の下町情緒 六郷・雑色(2)

六郷神社には、いにしえの遺産がたーくさん

「浄水石」
雑色2 (81)_R
源頼朝が奥州征定の際に寄進したと言われている
雑色2 (82)_R
「神橋」
この石橋もまた古く、頼朝の中心の中の中心であった梶原景時の寄進と
言われている
雑色2 (56)_R
雑色2 (59)_R
極めつけが「狛犬」
雑色2 (71)_R
どこかガイコツようでもあり
雑色2 (70)_R
ユーモラスにも見えたりする
雑色2 (67)_R
はっきり言えるのは、
①「初めて見るタイプの狛犬」だということ
②大田区最古の狛犬、貞享2年(1685年)の作
③大田区指定文化財
だということ、この表情を忘れることはないだろう

誰か?何かに似ているようでしたら、教えてくださると嬉しいです。

関連記事
kozoh55 さん
こんばんは

ケーシー高峰 志村喬 かなv-16
[ 2015/03/05 00:40 ] [ 編集 ]
Re: おるごどんさんへ
お晩です、楽しいコメント下さりありがとうございます。
え~、ケーシー高峰って誰?志村喬ってどちらさま?
ていうか、似てます、似すぎてます。
いやあ、よく思いつきましたね。
私だったら人間以外のものを選んだかもしれませんね。
ケーシー高峰って、、、からだつきまで似てませんか?
私は現役のケーシー高峰さんは知りませんが、(嘘)
似てますね~
志村、、、マニアックでしょうおるごどんさん。
はい、今回は完敗です。
またぜひいらしてくださいね。

[ 2015/03/06 00:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する