下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

江戸の南の下町情緒 六郷・雑色(1)

以前も紹介したことがある「雑色」。
江戸の東の下町情緒が先日紹介した、「向島、京島、玉ノ井、八広」
であるとしたら、西は六郷・雑色が筆頭に上がりますね。

去年の秋、京浜急行「六郷土手」駅から歩き始めました。
雑色2 (15)_R
「六郷」という地名の由来は、この地区にあった六つの村を総称して
「六郷」と呼んだという言い伝えがあるようです。

いきなり温泉が湧く街ですから
雑色2 (18)_R
雑色2 (21)_R
床屋さんの看板だって、こんな粋なものは、見たことがない。
雑色2 (29)_R

旧東海道線、現在の国道15号線に立つ社。
雑色2 (31)_R
その先にあるもの、それこそが
雑色2 (37)_R
「六郷神社」平安時代末期創建とされ、
雑色2 (61)_R
本殿は享保4年(1719年)
雑色2 (46)_R
昭和62年に建て替えられた社殿は、一言、美しかった
雑色2 (45)_R

六郷神社、続きます。

ちなみに、六郷の六つの村の中の一つが「雑色村」。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する