下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

八広 街歩きは宝探し(1)

京成電鉄八広駅を出ると、そこには
八広 (10)_R
住宅だけが広がっていて、駅前商店街が無かったのです
八広 (13)_R
少し歩いて大きな通りに出ると、
八広 (17)_R
渋いお店が少し見つかって、少しは楽しめそうな気がした
八広 (18)_R
そう、ここは墨田区、以前紹介した東向島(旧玉ノ井)、鐘ヶ淵、
そして京島に囲まれた、超下町ゾーン。
京島方面に歩いてみたものの、路地にほんの少し「商店街跡」らしき姿を
八広 (26)_R
見つけた位でした
八広 (27)_R
八広 (32)_R
お、少し雰囲気が出て来たぞ
八広 (42)_R
ここは元喫茶店だったみたい
八広 (44)_R

こんなくらいの感じ、なのかな、
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する