下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

国府津 たてもの園に春が来た(4)

この街は確かに「たてもの園」でした、和も洋も。
国府津 (269)_R
この建物は明治時代まで遡るのではないでしょうか、路地に現れた姿
国府津 (338)_R
国府津 (288)_R
この建物を見て思い出しました、なんでこんなに奥行きがあるのか、
明治時代は税金は軒の幅で決まっていたそうです、
そう、奥行きが長くても税金は上がらなかったのです。
国府津 (674)_R

蔵もあります、あります
国府津 (293)_R
国府津 (300)_R
派手でない所が、いいです
国府津 (310)_R
正統派、「ザ・蔵」
国府津 (554)_R
国府津 (553)_R
「鰻和」さん
国府津 (378)_R
癖のない、上品な鰻の味とたれを頂きました「ありがとう」
国府津 (390)_R

国道1号線、小田原市内方面に20分近く歩いて路地にて出会う
国府津 (427)_R
蔵ではこの建物の印象が一番
国府津 (430)_R
その細い道の先には「八幡神社」
国府津 (449)_R
国府津 (451)_R

これもまた出会い、この周辺の各地に置かれていた
庚申塔が、道路整備に際してこの地の集められていました。
国府津 (475)_R
国府津 (476)_R
ちゃんと下にお猿さん達がいますね~

いかがだったでしょうか、「国府津たてもの園」
看板建築、生粋の洋館、蔵と和建築、楽しみがいっぱい、
その上八百屋のおじさんが言ってたのですが、ミカンが名産らしく
昔は国鉄(今のJR)で売られた冷凍ミカンは全てこのあたりで
作られたらしいですよ、「ほ~そうだったか!」です。
そして苺か大きくて大きくて、こんな巨大な「いちご大福」
国府津 (482)_R
売ってました~
国府津 (486)_R
超甘ジューシー、たまりません。「親木堂」さんにて

ご訪問下さった皆さん、ありがとうございます、
この国府津もおススメです。
またぜひ遊びにいらしてください。
kozoh55
関連記事
Kozoh55さん♬
こんにちは〜( ´ ▽ ` )ノ

鰻和さんまで行かれたんですね^ ^♪
美味しい鰻屋さんだって 有名店なんですよ〜♬
実は私 まだ 食べに行ったことがないんですけどね…(;´∀`)ゞ

昼食が うな重なんて〜贅沢に奮発しましたねぇ〜!!
でも 散策途中でご当地グルメ食すのも・・・
kozoh55さんのブログの魅力のひとつですもんねぇ〜(^_^)v

国府津の街並み 気に入って頂けて 私も嬉しいです(*^^*)

またぼちぼちとスローペースで古い街並み探索もして行くので
これからも 時々覗いもらえれば 嬉しく思いま〜す(* ̄▽ ̄*)ゞ
[ 2015/02/19 14:46 ] [ 編集 ]
Re: shizuさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
鰻和さん、いや~ついついあの看板を見て、歴史を感じて
店内を見せてもらおうと入ったら、「いらっしゃい」と
元気にご主人(会長さん)に言われて、もう食べなければ
いけなくなってました。お品書きは3000円近くからしか
ありません、、、、ここは一番食べようと決心!
美味しかったので、結果良かったです~成田山新勝寺で食べたのより
美味しかった、タレも鰻も。
記事は、一本のアップであれだけの情報を出されるのですから、
ゆっくり目になって当たり前ですね。
私もゆっくりお邪魔させていただいて、これからも
楽しませてもらいます。よろしくお願いします。
[ 2015/02/19 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する