下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

代官町 旧朝倉家住宅(1)

私kozoh55の街歩きは、美しい建物探しでもあります。
下調べして訪れて、目の前にして2回に1回くらい「美しさ」に出会えます。
出会えないことも多いのです。

でも、時々探していなかった場所で見たことがない美しい建物に遭遇する、
去年の秋、代官町でそんな出会いがありました。
朝から麻布に降り立ち、神谷町、そして代官町へと歩く
麻布・広尾・代官町 (216)_R
ブティックや
麻布・広尾・代官町 (210)_R
小粋なイタリア料理屋などが軒を連ねるこの場所で、

偶然この建物に出くわしたのです
代官山朝倉邸 (12)_R
重要文化財「旧朝倉家住宅」表の顔は重厚そのもの

その周りを包む外観、大正8年建築
代官山朝倉邸 (14)_R
代官山朝倉邸 (16)_R
代官山朝倉邸 (18)_R
室内の応接室
代官山朝倉邸 (22)_R
さぞ有名な政治家や財界人がこの応接間に通された事でしょう
代官山朝倉邸 (27)_R
丁寧な仕事ぶりに、惚れてしまうのです
代官山朝倉邸 (28)_R

旧朝倉家住宅は、大正8年、当時東京府議会議長や渋谷区区議会議長を務めた
朝倉虎治郎によって建設されました。



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する