下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

日光 結構 お正月(4)

お正月なのでゆっくりと千葉を出て、日光東照宮に付いたのは2時過ぎ。
日本最古のホテル「日光金谷ホテル」を見終えるともう、夜でした。
日光 (272)_R
日光の街並みはほんの少ししか紹介出来ません。
日光 (274)_R
国指定有形文化財「日光物産商会」は明治時代後期に
日光金谷ホテルの土産物屋として開店したそうです。
日光 (286)_R
電話ボックス、これは元々はロープウェーのゴンドラ?
日光 (310)_R
「三山羊羹本舗」昭和初期建築の建物。
日光 (292)_R
日光の街並みは、和と洋が交互に姿を見せてくれます
日光 (322)_R
夜景が、よけいに美しく見える建物達
日光 (330)_R
昭和初期には煙草屋さんてこんな感じだったのでしょう
日光 (325)_R
今はもう首都圏では見れなくなりました。
残してくれてありがとうございます。

いかがだったでしょうか、東照宮・日光金谷ホテル・日光市街、
あまりにも時間が短すぎて、さらっとしすぎかもしれません。
でも、私にとって短い滞在時間だからこそ
集中して街並を見届けることができました。
結果、もっともっと見て歩きたくなりましたね、
次がまたありますから今回はこの程度でお許しください。
ご訪問下さった皆様、感謝申します。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55
関連記事
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
日光の2時過ぎって初めて見ました
なかなかおつなものですね
[ 2015/01/14 22:48 ] [ 編集 ]
Re: ゆきゆきさんへ
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
日光滞在時間ほぼ5時間で、歩き回ってみました。
記事もはしょりすぎて、「眠り猫」「鳴き龍」すら紹介していません。
「鳴き龍」などは立ち寄りもしなかった~残念!
日光は夜になればなったで、また夜の美しさを醸し出し
東照宮と日光金谷ホテルという日光の二つの顔を見れて
凄く満足した旅になりました~
でもでも、また、もう少し時間の余裕を持って
行きたいものです。
またぜひ遊びにいらしてください。


[ 2015/01/15 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する