下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

館林 昭和レトロ街の素顔(2)

駅周辺の通りに普通に佇む建物達
館林 (49)_R
もしかしたら、昭和より前かも知れません、
瓦の屋根上部の造りが大店であったことを物語ります。
館林 (50)_R
「毛塚記念館」
江戸時代、「丸木屋」という屋号の造り酒屋だったそうです。
この建物は有形文化財となってます。
館林 (65)_R
渋い建物が続きます
館林 (70)_R
館林 (71)_R
このあたりが、一昔、二昔の歓楽街だったようです、
和菓子屋さんが教えてくれた「旧見番」。
館林 (110)_R
館林 (103)_R
「見(検)番」とは、料理屋・芸者・待合の三業者が集まって作った事務所。
館林 (105)_R
ちょっと入ってみたいかな
館林 (121)_R
館林 (112)_R

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する