下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

日本橋富沢町 ~出逢えた幸せ①~

先週の平日、日本橋を訪れたのですが、
そこには三井家も日本橋も高島屋もありませんでした。
東日本橋、問屋街の方です。

浅草橋駅を降りて、
日本橋富沢町 (223)_R
南に歩くと、「浅草橋」に出会います。
日本橋富沢町 (224)_R
ああ、ここは、
日本橋富沢町 (225)_R
柳橋じゃないですか
日本橋富沢町 (232)_R
「柳橋」
日本橋富沢町 (249)_R
そして「旧跡両国広小路」
日本橋富沢町 (245)_R
そうです、亀戸側ばかりでなく、日本橋側にも「両国」はあったのです。
日本橋富沢町 (232)_R

「やげん堀」唐辛子、、薬屋の元祖かもしれません。
日本橋富沢町 (287)_R
美味しかったものでして
日本橋富沢町 (311)_R
「絵画のような」お店
日本橋富沢町 (299)_R
美味しかった、さっぱりスープの味わい
日本橋富沢町 (305)_R
お肉は豚肉と、ささみでした。「麺画廊 英(はなぶさ)」さん。

縮れる具は美しくもありました、
日本沢富沢町。



関連記事
浅草橋が出ましたね。
ここは大失敗した駅で忘れられません。
電車で居眠りしていて浅草待ち合わせなのに
浅草まで聞いて電車を飛び降りました。
降りるとき橋の言葉を聴いて、あちゃ、ひとつ手前だった~って。
20分まって次の電車。
待ち合わせに遅れて怒られたのでした(猛爆)
[ 2014/12/22 08:49 ] [ 編集 ]
こんにちは。
再開発が進む日本橋にも、屋形船の発着所など
粋な風景が残っているんですね~
ささみがのったラーメンは、珍しいですね。
スープがおいしそうに見えます!
[ 2014/12/22 11:00 ] [ 編集 ]
Re: aunt carrotさんへ
おばんです、コメントくださりありがとうございます。
ほんと浅草橋、浅草と遠い分、間違えると
大変なことになりますね。
目が覚めて焦って降りると、だいたいまちがってますよね。
私もこの浅草橋に何かのタイミングで間違って降りて
目的地浅草が近いだろうって歩いて向かったら
ちゃんと40分かかったのを思い出しました。(笑)
でもこのあたりおもしろいの、オススメですよ。
また是非遊びにいらしてください。
[ 2014/12/22 20:59 ] [ 編集 ]
Re: ひろろろろさんへ
おばんです、コメントくださりありがとうございます。
『麺画廊 英』さんは丁寧でこだわりのラーメン屋さんでした。
ささみと豚の2種のお肉をだしてくれるのは、すごいことでした。
スープは醤油仕立ての優しいさっぱりなのですが、
味が濃くてダシを丁寧に入れたのでしょうね。
日本橋でこんなラーメン屋さんに出会えるとは
思ってもみませんでした。
柳橋は、橋もレトロで良いのですが、周りを屋形船で囲う
風情がまたいいものでしたよ。
平日の方が活気があってお勧めですね。
さすが江戸時代の最大の歓楽街です。
また是非遊びにいらしてください。
[ 2014/12/22 21:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する