下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

世田谷の四季~秋物②~

少しタイトルを変えて、続編を楽しめるようにしました。
名付けて「世田谷の四季」

世田谷銭湯 (105)_R
「焼き芋専門店ふじ」さんが、なんと6チャンネル朝の「キテマス」君に
紹介されていたんです~のでお祝いと味わいに来ました。
世田谷銭湯 (106)_R
こういう感じを思い出しながら、安心ていただきました。
世田谷銭湯 (107)_R
前回私は「紅はるか」
世田谷銭湯 (108)_R
ならば今回は根拠なく、色で「桜島紫芋」をチョイス。
世田谷銭湯 (79)_R
味も甘かったですが、見ていて高貴で高貴で、

って、久々登場のyokotako氏は、「安納芋」
世田谷銭湯 (91)_R
私も一口、蜜のような甘さで、これは「驚き」でした~

「じゃあ、秋だしソフトクリームもね」
世田谷銭湯 (101)_R
しみじみ、寒くて美味しかったですが、
「この色なんの味だっけ?」
世田谷銭湯 (102)_R
「これはたぶん、さつまいも」
いい加減な記事でごめんなさい、美味しそうなので許してね。

世田谷銭湯 (74)_R
ほくほく、あつあつのふじの焼き芋、
これからもよろしくお願いします。





関連記事
焼き芋の専門店があるのですね^^
ホクホクアツアツで美味しそう~
安納芋のあまーーーい味が
写真で伝わってきました
私も大好きです♪
今 紫イモの 干しイモにチャレンジしてるのですが
(去年は大失敗) うまくできるかドキドキです。
[ 2014/12/08 21:41 ] [ 編集 ]
Re: にゃうわんさんへ
そうなんです、焼き芋専門店は今だここでしか見たことありません。
ホクホクアツアツでしたね~確かに。
安納芋は甘すぎるのじゃないでしょうか、
見た目があんなに美味しそうなお芋があるのですね。
にゃうわんさんは、ボンちゃん、ご主人、ご家族を大切にされているので、
いつか紫イモの干し芋作りに成功しますね。
是非その時はまたブログで紹介なさってください。
コメント感謝いたします、またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2014/12/09 00:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する