下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

上野界隈~東叡山寛永寺はいずこ~(6)

東叡山寛永寺の名所見物をほぼ終え、「さあ、帰ろう」
と、上野駅に向かうと、もう何度見たことか、映し出される景色
上野ネクスト (581)_R
この上野の文字の電飾はなぜこれほどまでに暗いのか?
上野ネクスト (584)_R
想像ですけども文化財としての価値も高く、
上野ネクスト (591)_R
あるいは有形文化財に指定されることを望んで、
形を変えないのかもしれませんね。

昭和初期の建築物として、
上野ネクスト (593)_R
屋内も歴史を感じさせます。
上野ネクスト (596)_R
日本最初の地下鉄銀座線の駅が地下にあったから
このあたりの場所は、正々堂々とレトロしてます。
上野ネクスト (611)_R

そして上野と言えば、東北本線、常磐線、そして高崎店など。
そう、これらの路線の終点、それが「上野」なんです。
上野ネクスト (630)_R
上野ネクスト (621)_R
上野ネクスト (618)_R
そういえばイタリアの主要都市、フィレンツェ駅もこんな風に終点駅だったのを思い出しました。
上野界隈はいつの時代も江戸東京の中心都市でしたし、これからも主役なんですよ。

お晩です、ご訪問下さりありがとうございます。
「上野界隈」マジ楽しくて楽しくて、ついついタイトルの「東叡山寛永寺」ではないところを
たくさん見て歩いたんですよ。
どこもかしこもおススメで、皆さんぜひいらしてほしい、そんな街でした。
またぜひ遊びにいらしてください。
kozoh55

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する