下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

湯河原 わくわく散歩(4)

温泉街で、こんな飲み屋街の入り口のような姿
湯河原 (383)_R
いいでしょう?
湯河原 (391)_R
「伊豆屋旅館」さん
湯河原 (395)_R
わくわく、、
湯河原 (396)_R
そしてしみじみ
湯河原 (399)_R
今回の記事の最後は「上野屋」さん
湯河原 (401)_R
正面入口の姿に見惚れていたのですけど
湯河原 (404)_R
湯河原 (408)_R
一部が洋館として作られていて、
湯河原 (405)_R
ステンドグラスが見ものでした。昭和初期か?
創業300年、かの水戸黄門も泊まったというお宿は、
泊まってこっそ旅だなあと痛感したのです。

うーん、いかがだったでしょうか「湯河原」
川に温泉が湧いて「湯河原」なんて簡単なネーミングではないかと、
今も思っております。それが覚えやすくて良い名ですね。
次回は必ず宿泊します、するにきまってます。
泊まってみたい宿がいっぱいあるのです。
ご訪問下さった皆様、感謝申し上げます。
ぜひまた遊びにいらしてください。
コメントを読んでいたら、この街を好きな方って
多いのですね~

kozoh55

関連記事
こんにちは。
湯河原は、さすが老舗の温泉街!
風格のある建物と湯けむりがとてもいいですね~
湯河原は、ゆっくりと見て回ったことがないので、
一度、のんびりと滞在してみたい街です。
[ 2014/10/24 18:42 ] [ 編集 ]
Re: ひろろろろさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
戦後、関東近郊で近くて便利、温かい気候などがウケて
繁盛温泉として人気だったのでしょうね。
今も、文化財となっている上野屋さん伊藤屋さんなどもあり
歴史&温泉としておススメですよね。
日帰りで、古い街並みを見ただけのkozoh55としては、
やっぱり滞在しなきゃだめでと思い知った次第です。
平日は開いていないお店も多そうでした。
湯河原、ぜひいらしてみてください。
[ 2014/10/25 18:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する