下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

湯河原 わくわく散歩(2)

なにかこのタイトル、TV番組みたいです(笑)

おお~古き温泉街が始まりました。
湯河原 (231)_R
湯河原 (236)_R
道端で温泉が出ているのですから
湯河原 (230)_R
立てられたら時は何のお店だったのか
湯河原 (238)_R
ここは、射的場でしょう、たぶん。
湯河原 (240)_R
歴史のありそうな「米屋煎餅」さんに「こんにちは」
湯河原 (257)_R
お醤油の大缶がたくさん、
湯河原 (254)_R
お店番はこのわんちゃんですよ、このお店
湯河原 (246)_R
人が?良さそうなこの子が店番だと、儲からないでしょう

「おお~」
湯河原 (258)_R
ああ、出会ってしまいました、戦前のレジスター
湯河原 (249)_R
まだ現役で使えるようです
湯河原 (247)_R

お店のおばあちゃんは、若い頃浅草でお店をやっていて、
戦争が激しくなってきて、この湯河原の地でおせんべい屋さんを始めたそうです。
湯河原 (253)_R
店内に飾ってあった写真は、おばあちゃんの若き日、
ご主人と仲むつまじいお二人の姿です、羨ましいくらいですね~
関連記事
ほぼ半世紀前。入った大学は、学生運動で授業が行われない状態。
友人のおじさんが、週末逗留用に借りていたという湯河原の部屋に何泊か逗留しました。勿論、学生ですから、それほど金があるでは無し。温泉街のざわめきを羨ましく思いながら、指を咥えてみていた記憶が。
温泉街の中央で、神奈川県湯河原町から静岡県熱海市に変わるんでしたよね。
[ 2014/10/22 08:20 ] [ 編集 ]
湯河原あたりの温泉街は人情があって良いところですよね。
以前泊まりに行った時、みかん狩りがあるんですよと
車をだして連れて行ってくれたのです。
あったかいもてなしの心がある所でした。
懐かしいです。
[ 2014/10/22 19:49 ] [ 編集 ]
Re: AzTakさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
半世紀前のお話ですか~、湯河原は今よりあの温泉街が
たくさんの人・お店・温泉があった時期なんでしょうね。
そこでぼーっと休んでいるだけとは、
なんと蛇の生殺し状態でしょうか。
若い学生さんにとっても刺激的な街だったんでしょうね。
今も魅力的ですが、あのせんべい屋さんの白黒の時代に
タイムスリップしてみたい気もしますね。
合併?そんな話があるのですか~「湯河原」という地名は
残してほしいですね。
またぜひ遊びにいらしてください。

[ 2014/10/23 00:49 ] [ 編集 ]
Re: aunt carrotさんへ
そうですか~泊まられた事があるのですね。
みかん狩りに車で連れて行ってくれるなんて
嬉しいですね。
温かい気候で、温かい街の方々、
私が行った「米屋煎餅」さん、「小梅堂」さん、
どちらも本当に親切にお店の歴史の話や
この街の歴史を教えてくださいました。
やっぱり人情のある街には泊まりたいですね。
早くいきたい!
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
またぜひ遊びにいらしてください。

[ 2014/10/23 00:57 ] [ 編集 ]
「おお~」
kozoh55 さん
こんばんは。

戦前のレジスター、ナショナル金銭登録器の800号ですね。
米国National Cash Registerで製造されて、輸入されたものです。
通称「だるま」です。
見たところ99円99銭まで登録できそうなのですが、100円ショップでも使えませんv-8がこのレトロ感がグーですね。
[ 2014/10/26 00:19 ] [ 編集 ]
Re: 「おお~」
お晩です、おるごどんさん、コメント下さりありがとうございます。
NCRそれも戦前のものですからね~800号という型式でしたか。
だるまは100年使ってもへたらない丈夫な作りだったから、
当時、家一軒買える数千円という値段だったのも、納得です。
そうですね、銭が登録できるのでした、時代ですね~
本郷のお店では単位を一つ上げてレジを打ってましたよ~
本郷で初めて、谷中で2台、そして今回で4台目です。
5台目はどこで会えるでしょうか、日本でなかったりして。
またぜひ遊びに来て下さい。
[ 2014/10/27 01:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する