下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

深谷 煉瓦で彩られた宿場町(2)

駅を降りて、深谷のもう一つの顔を探しに行きます。
「ちょうちん横丁」
深谷 (308)_R
ちゃんと渋いっす
深谷 (310)_R
深谷 (314)_R
「バー アカシヤ」と呼ぶのかな
深谷 (315)_R
古い建物は身近にあります「春山邸」。
深谷 (320)_R
それも煉瓦に彩られているのです。
深谷 (323)_R
これは塀というより「うだつ」なんでしょう。飯能でも見かけた風景。

すぐお隣さんは、これまた戦後そのままの姿。
深谷 (357)_R
ラジオ店なるお店が、TV以前にはあったのです、私も知らない世界。
深谷 (359)_R
深谷 (361)_R

そして、この明るい建物「小林商店」は、
深谷 (369)_R
「モダン」と言われた深谷の街の、
深谷 (372)_R
象徴なんです、当時も、現在も。
深谷 (382)_R
関連記事
空が広くて建物がのびのびしているように見えます〜
気持ちがいいですね〜
[ 2014/10/06 06:01 ] [ 編集 ]
「ちょうちん横丁」可愛い名前ですね!
看板も昔のってなんだか凝ってますよね~♥
[ 2014/10/06 15:59 ] [ 編集 ]
深谷ってこんなに素適な町だったのですねぇ~♪
深谷ねぎしか知らなかった私。
煉瓦に釘付けです。
[ 2014/10/06 20:26 ] [ 編集 ]
Re: ちまちま子さんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
ほんと台風で天気がめちゃくちゃで、こんな青空が懐かしい気がします。
青い空は、この小林商店の美しい姿や煉瓦倉庫を盛り立ててくれている事を
ちまちま子さんのコメントで気付かされました。
そうですよね、ほんとすがすがしいです。
地域デビューでお忙しいとは思いますが、
またぜひ遊びにいらしてくください。
[ 2014/10/06 23:21 ] [ 編集 ]
Re: りこさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
そういえば「ちょうちん横丁」なんてありそうで、
以外と見かけない可愛い名前ですね。
書いていて深く考えていなかったです、
ほんとうに小さく可愛い横丁でしたし。
古い看板って、そのままなのがいいですよね~
またぜひ遊びにいらしてくださいね。
[ 2014/10/06 23:26 ] [ 編集 ]
Re: aunt carrotさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
古い街並みが残っていて、日本の産業遺産系も多いと聞いて
私とyokotako氏と行ってみたわけですが、
たくさんの降る建物、とりわけ煉瓦製のものが、
すごく印象に残りました。煉瓦が街の中に溶け込んでいる街、
そんな風景を4話で紹介しようとしたら、描き切れるわけなく、
6話にすることにしました。
深谷ねぎは、食べたこともないためか、いつかの宿題に!
深谷、おすすめです。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。
[ 2014/10/06 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する