下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

迷宮との出逢い 銀座

まだ氷が恋しい頃
神田10 (322)_R
神田10 (324)_R
ふと、入ったお店に、マッチ箱
神田10 (325)_R
神田10 (326)_R
神田10 (328)_R
表情が、いい
神田10 (331)_R
神田10 (332)_R
お口から煙が、出るそうです

ふにおちました
神田10 (334)_R
神田10 (337)_R
くるみ割り人形って、こうして本当にくるみを割れるんだと

小学生の頃、手先の器用だった兄が、
私のためにこんなマッチ箱でお家を作ってくれました。
可愛くて、可愛くて、
そっくりだった2軒目の「八百屋さん」を買ったのです
誰にプレゼントするやら

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する