下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

浅草への憧れ(4)

この記事も、あと一話か二話か。

豆かんの「梅村」は奥浅草、このあたりもそうです。
浅草 (271)_R
「待乳山聖天」(まつちちやましょうでん)
浅草 (278)_R
浅草 (279)_R
静かに静かに本殿に誘われます
浅草 (295)_R
大根と巾着はこのお寺のシンボル・ロゴ・道しるべ
浅草 (304)_R

「今戸神社」世田谷の豪徳寺と元祖「招き猫」を争っているらしいですが
浅草 (343)_R
ここが元祖かなあ
浅草 (345)_R
いやあ、違うみたい
浅草 (347)_R
やっぱり、本当?かな
浅草 (351)_R

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する