下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

浅草への憧れ(1)

自分なりに、タイトル通りの記事にしてみました。

つくばエクスプレス「浅草」駅から
浅草 (6)_R
「浅草六区」
浅草 (8)_R
浅草 (9)_R

雷門から田原町に向かって、路地と小さなお店がいっぱい
浅草 (34)_R
浅草 (25)_R
「ごめんね、チャーハンやってないんだよね」
じゃあ、と頼んだ「ミニカレー」
浅草 (24)_R
何とも素朴な味わいで、嬉しくなりました
路地に
浅草 (54)_R
風景
浅草 (56)_R
路地に
浅草 (59)_R
風景
浅草 (57)_R
古い電柱が残っていて、「戦後かなあ?」と
浅草 (69)_R
お好み焼き屋さん、美味しそうなんですから
浅草 (91)_R
何?なに?
浅草 (133)_R

続きますね



関連記事
こんにちは。
浅草面白い街ですよね~
カレーも美味しそう!今度行ってみたいです。
[ 2014/09/28 18:56 ] [ 編集 ]
Re: りこさんへ
お晩です、コメント下さり嬉しいです。
浅草の路地を歩いていると、ずっとずっと歩いていたくなりました。
下町なのにちょっと粋なバーがあったり、
今回出会った骨董屋さんなども、どこか不思議な住民たちです。
お約束はないわけでなないのでしょうけど、
お店を出して繁盛したら、だいたいの商売はOKみたいな
寛容さがこの街の魅力なんでしょうね。
カレーまじ美味しかったです。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。
[ 2014/09/28 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する