下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

あなたは椎名派?長崎派?池袋の向こう①

タイトルがちょっと分かり辛い記事かも知れません。
お晩です、ご訪問下さった皆さんに感謝申し上げます。

池袋駅西口に出て、山手線の外側に向けて歩き始めて、
20分ほどで出会った、新しい風景。
私には新しくても、皆さんにとってはどう映るのでしょう?
長崎・椎名 (515)_R
「仲通り商店街」
長崎・椎名 (506)_R
商店街に天井があるように見えます。

この街はちゃんとした下町のようです。
長崎・椎名 (505)_R
長崎・椎名 (500)_R
長崎・椎名 (487)_R

駅前にこんな建物があるのは、
長崎・椎名 (478)_R
長崎・椎名 (57)_R
誰も蔵だとは気付いてないかもしれません。
長崎・椎名 (473)_R
長崎・椎名 (471)_R
ふっと、入ったお米屋さん?和菓子屋さん?
長崎・椎名 (468)_R
このゴマのおはぎを食べてみると、体に優しくて、
長崎・椎名 (113)_R
「ぺろりん」と平らげてしまった私、
長崎・椎名 (109)_R

椎名町駅が、私の目の前に現れて、
長崎・椎名 (464)_R

でもこの街の住居表示は、ほぼすべて「長崎」なのであります。
どういしてなんでしょう、謎解きは続きます。
関連記事
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/10 09:07 ] [ 編集 ]
Re: aunt carrotさんへ
そういえばおっしゃる通りですね、東京に長崎と久留米がある、
長崎については一説ではこの地の武将が長崎に行って統治して、
長崎県が出来た、、などという出来すぎた説もあるのですね。
本籍長崎、転居先東久留米、縁なんでしょうか、不思議です。
このあたりを歩いてみると長崎ばかりで広すぎるぞ!と、
結果、やはり椎名町だった場所もあるようですね。
何か個人的な気持ちですが、椎名町復活してほしいです、
良い名前だと思います。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。
[ 2014/09/10 23:56 ] [ 編集 ]
なかなか良いですねえ
近いうちに私も椎名町の商店街散策に
行きたいと思っていたのです。
駅北側に複数の商店街があるようですが、
いちばんほのぼのできるのはどこでしょうか。
そして、ほんとだ。椎名町という地名はないのですね。
駅名だけが地名文化を伝える一例ですね。
すみません、お邪魔しました。
[ 2014/09/11 21:50 ] [ 編集 ]
Re: なかなか良いですねえ
駅北側のサンロード、仲通り商店街もほのぼの系ですが、
私的に一番ほのぼのできたのは、最後の記事で紹介しますが、
長﨑十字会という、お隣の東長崎に佇んでいた、果てしない商店街でした。
一軒一軒がしみじみほのぼの系に思えました。
それと、ときわ通りから東長﨑に続く「光和通り商店街」では、
果てしなくつながった長屋建築に出会うことが出来て、
これは博物館級だなと感じましたね。
この街にはどれだけ商店街があるのか、、、すごい。
お晩です、ほのぶらマンさん、コメント下さり感謝いたします。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2014/09/12 01:26 ] [ 編集 ]
私も歩いてきました。
椎名町の駅北側の商店街しか歩けませんでしたが、
なかなか味のあるところでしたね。
私も記事にしますのでよろしければ見に来てください。
おすすめの南長崎方面までは行けなかったので、
また機会を作って歩きに行きたいと思います。
いろいろ参考にさせていただいています。
またよろしくお願いします。
[ 2014/10/15 22:39 ] [ 編集 ]
Re: 私も歩いてきました。
お晩です、ほのぶらマンさん、コメント下さりありがとうございます。
そうですか~椎名町北の商店街、3カ所くらいでしたかありましたね。
行かれたのですね、嬉しいです、ぜひまたブログにお邪魔します。
わたしこそ決してメジャーではなくなった商店街を掘り起こされている
ほのぶらマンさんのブログにお邪魔して、相当パクっておりますので、
これからも「パクパク」させていただきます。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2014/10/15 23:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する