下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

夏の終わり(2)

今回の記事は、ブログのお友達「Anthology  -記憶の記録-」というブログを作られている、
「たくあん」さんの記事から情報を頂いております。
たくあんさん、貴重な情報、ありがとうございます。

中央線の立川駅を降りて、モノレール「立川北」駅すぐそばにある、
立川・玉川上水 (10)_R

「「横浜家系ラーメン つばさ家 立川店」
立川・玉川上水 (3)_R
手前で超目だってバックがぼやけてしまっているのは、
ほうれん草のおかげ、味も、なんだろう、甘いというか味わい深いというか、、、
立川・玉川上水 (7)_R
ほうれん草の味わい深さがアクセントになりつつ、
きびきびした腰の麺、そしてあの家系独特の複雑な味のスープ、
立川・玉川上水 (9)_R
この家系ラーメンは、うまい、美味しい。
15分待った甲斐がありました、店舗の外観撮リ忘れてごめんなさい。

モノレールに乗って「玉川上水」駅へ、
立川・玉川上水 (15)_R
ごくありふれた駅前風景から数分のところにある
立川・玉川上水 (22)_R
「東京都立東大和南公園」
立川・玉川上水 (24)_R
これまたごく普通な、水を生かした公園で、
立川・玉川上水 (30)_R
見えてきたモノ、建物。
立川・玉川上水 (34)_R
「旧日立航空機立川工場変電所」
立川・玉川上水 (37)_R
昭和13年にこの建物は作られ、そして1945年2月にF6ヘルキャット、
立川・玉川上水 (40)_R
同年4月にはムスタングというアメリカの戦闘機の機銃掃射を受け、
立川・玉川上水 (44)_R
4月24日にはB29による空襲を受け、工場は大破、
立川・玉川上水 (46)_R
しかし、この変電所は大きな被害を受けなかった。

「痛々しい」としか言いようのない、機銃掃射を受けた弾痕。
立川・玉川上水 (50)_R

というか、戦争を知らない私には、こんな内陸の地まで、
戦闘機が機銃掃射していたという、驚きの歴史と現実、、

続きます。
関連記事
紹介ありがとうございます。
あんな日記でも参考にしていただけたようで嬉しいです。

機銃掃射を受けた跡は痛々しいですね。
元々取り壊される予定になっていたのですが、地元住民の声で移築保存になりました。
いわゆる負の遺産でありますが、やはり2度と戦争をしてはいけないと思いますね。
[ 2014/09/09 22:06 ] [ 編集 ]
Re: たくあんさんへ
こちらこそ紹介してくださりありがとうございます。
たくあんさんの記事は古くて新しい記事の宝庫でして
これからの私の街歩きの参考にたくさん活用させて頂きます。
取り壊される予定が変更になる、
この地域の方の志に感謝ですね。
残されるもの、残されないもの、たくさん見てきました。
結果は分かれますが、どちらも大切にして
これからも一緒に記事にして残して行きましょう。
タイガービルも素晴らしかったですね。
また是非遊びにいらしてください。
[ 2014/09/10 12:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

旧日立航空機株式会社立川工場変電所
西武線を乗り継ぎ玉川上水駅へやってきた。 お目当てはこちら。 旧日立航空機株式会社立川工場変電所です。 航空機のエンジンを生産する軍需工場だったので、プロペラが飾ってある この壁一面にある穴は第二次大戦の時、弾丸を受けた跡 巨大な碍子 当時あった給水塔の一部 ここへ来るのは3回目。 ...
[2014/09/09 22:02] Anthology -記憶の記録-