下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

ただただ北海道 炭鉱慕情(赤平①)

『空知(そらち)』私の住む町一帯を行政の区割りではそう呼ばれてます。

空知地方にはかつて炭鉱により栄えた街が数多くあり、
その炭鉱は『空知炭田』と呼ばれています。
「赤平市」はその一つで、かつて6万人近くいた人口が減少の一途となっているようです。
立派な駅に、
DSC_5987_R.jpg
目の前にある建物は明らかに歪んでしまってます。
DSC_5986_R.jpg
「住友石炭赤平炭鉱立坑」
DSC_6012_R.jpg
大正13年頃から住友坂炭鉱として本格的に稼働し、
この立坑は昭和30年代になって、更に深く掘るために作られたもの、
DSC_6096_R.jpg
そう、これは巨大なエレベーターとして活躍し
深く、深く掘り下げることを可能にしたのです。
DSC_6061_R.jpg
平成6年まで稼働していたそうですから、閉山は最近の話。

その脇にあった建物も、炭鉱遺構、
DSC_6109_R.jpg
「坑口浴場」
DSC_6112_R.jpg
炭坑から出来ていた坑夫達の楽しみは入浴、お風呂場は憩いの場所だったんですね、ここが。
中に入ってみてみたかった~、予約制で、見る事は可能だったみたい。

駅の真裏には、選炭場跡と山がありまして、
DSC_6126_R.jpg
迫力ありましたね~大きいのよ、この選炭場、
DSC_6133_R.jpg
むき出しになった鉄筋。
DSC_6145_R.jpg

「この山は777段ありまして~」という紹介文に惹かれて、
DSC_6123_R.jpg
「へー、ラベンダーが綺麗だな」なんて調子こいて、
DSC_6128_R.jpg
歩いて山を上がり始めたのですが、、、、
DSC_6157_R.jpg
777段って、きついのなんの、その上この日は30℃越えの気温。
そう、なんとこの山はただ者ではない、この全てが「ずり山」なんです。
炭鉱が採掘により出てきた土の残りを捨てていた場所(九州ではボタ山)
DSC_6162_R.jpg
そうです、砂利や土の中に石炭があるのです。

上を見上げて頂上階見えなくて「はあ、はあ」
DSC_6169_R.jpg
下を見ても、どこまで来ているかわからず、「ぜい、ぜい」
DSC_6166_R.jpg
頂上に着いたら、景色を楽しむどころか、
12345.jpg
住友炭鉱が遥か先に見えても、「ああ、行きましたね」
1111111111254.jpg
というぐらいの疲れ方で、「早く美味しいものが食べたい」一心で、
駆け降りたのであります。

では次はグルメかな。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する