下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

銀座奥野ビル(旧銀座アパートメント)②

金庫の左に階段がある
銀座200 (105)_R
そしてなにか階段がもう一つある
銀座200 (117)_R
例のエレベーターを発見
銀座200 (106)_R
結構レトロでカッコイイ
銀座200 (115)_R
手動のエレベーターであることを説明して下さってます。
銀座200 (112)_R
何を気後れしたのか、階段を利用して上がることにしました
行ってきます、守衛さん?(居ませんけど)
銀座200 (119)_R

奥野ビルは1932年建築の現役ビル、設計者の川元良一さんは、
あの同潤会アパートや九段会館を設計された方、
このエレベーターは銀座最古とも、民間施設最古とも言われているそうです。

まだ、続きます。
関連記事
古色蒼然としたビルですが、味のあるビルですね。
私も同様の身の上ですが、ビルオーナーが丁寧に維持管理をされていることなんでしょう。
このエレベータと似たものは、慶応義塾大学病院にもありました。勿論手動開閉式で、どうやって動かすのか興味津々。でも居合わせた人が手早く操作してしまい、…。今はもう残っていないんだろうなあ。
[ 2014/08/04 07:53 ] [ 編集 ]
>何を気後れしたのか
kozoh55 さん
こんばんは。


最新式でも死亡事故があるのですから、このようなレトロなエレベーターでは不安ですね~。v-12
でも、こういうレトロなメカの方がブラックボックスの電子回路を内蔵している最新式のエレベーターより安全かも?v-8
手動式エレベーターを勝手にトラックバックしました。
[ 2014/08/05 00:14 ] [ 編集 ]
Re: AzTakさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
記事を楽しんでくださって、嬉しい限りです。
手動式エレベーター、ネットで調べてみたら
神田にも1カ所、銀座にもう1カ所銀録館というビルが手動なようですね。
今回の銀ブラで偶然にも撮影していましたので、
タイミングで紹介しますね。
慶応義塾大学病院ですか、、歴史ありそうで、
潜入したくなりますが、つかまってしまいそうですので
やめますね、操作できなくて残念でした、
でもまだチャンスありそうですよ、函館にもあるみたいですし。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2014/08/05 00:23 ] [ 編集 ]
Re: >何を気後れしたのか
お晩です、おるごどんさん、コメント下さりありがとうございます。
そういえば、怖さは意外になかったですね。
おるごどんさんのおっしゃる通り、中身がシンプルな方が
おかしな故障が発生知ることが少ないのですかね。
手動式エレベーターのトラックバックの件、了解しました。
それにしても、都内にもまだ何ヵ所あるらしい
手動式レベーター、銀座に再び足を運んで乗ってみたくなりました。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2014/08/06 00:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

TOYO OTIS エレベーター
レトロなメカが大好きなおるごどんです。 アンティークとビンテージの違いは年代ですが、レトロは単に古めかしいものが好きと言う意味です。 愛人が「月のものが無い、妊娠かしら?」というのです。そういえは最近下っ腹がポッコリとしています。ひょっとしてオメデタでは内科小児科産婦人科泌尿器科ということで先日徴兵検査でお世話になった産婦人科のO先生に診てもらおうと、A病院に行きました。 ...