下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横須賀 迷宮STORY 田浦再び

逸見のお茶屋さん『白鳥園』のご主人が教えてくださった事、
『田浦には駅周辺にも色街があったみたいだけど、商店街から坂を上がった方
「皆ケ作」にもあったんだよ、でも当時の建物は全て無くなったね』

ごく普通の駅『京浜急行田浦』
170725-121318-田浦20170725 (22)_R
ああ、商店の看板にチュンチュンといるわあ
170725-121519-田浦20170725 (29)_R
楽しい街だ
170725-121526-田浦20170725 (33)_R

前回も訪れた『仲通り商店街』
170725-122029-田浦20170725 (37)_R
この街灯がめちゃくちゃ昭和な感じ
170725-122302-田浦20170725 (50)_R
この辺りが『色街残照』だった、残っている
170725-124350-田浦20170725 (115)_R
170725-124427-田浦20170725 (120)_R
【過去写真】けれど、この建物を
120624-135845-横須賀 (34)_R
【過去写真】見つけることが出来なかった
120624-135914-横須賀 (35)_R
『見届けられた幸せ』になってしまったか

けれど、商店街から見える高台の方に向かい始めると
170725-130024-田浦20170725 (136)_R
これまた、昭和であり、料亭であり、色街残照と思える建物が
170725-130117-田浦20170725 (143)_R
目の前に現れる
170725-130123-田浦20170725 (146)_R
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する