下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

博物館礼賛 ここが『てっぱく』なのか

ここから始まる
170222-163744-鉄道博物館20170222 (420)_R
これは、新幹線の祖先か?
170222-154038-鉄道博物館20170222 (294)_R
『EF55形式電気機関車』は東海道線の特急列車『富士』などで活躍
昭和11年製造、戦前の電車、乗って見たかったわ~

これが日本初の新幹線車両『0系』
170222-161607-鉄道博物館20170222 (342)_R
私が初めて新幹線に乗ったのは、高校の修学旅行で、東京から京都に向かった時
170222-161911-鉄道博物館20170222 (352)_R
たぶん、間違いない

そして、SL登場
170222-163504-鉄道博物館20170222 (409)_R
『C57形式蒸気機関車』昭和15年製造、旅客列車のけん引に活躍
170222-154210-鉄道博物館20170222 (300)_R
このC57が岩見沢の街を走っている写真を見かけて
ああ、きっとそうなんだと思った私でした
150921-101138-北海道201509-1 (533)_R
150921-122315-北海道201509-1 (743)_R
この崩れかけた橋梁を猛々しく走り抜けていた蒸気機関車こそ
C57だったのではないかと
150921-103839-北海道201509-1 (568)_R
けれど、レールは撤去されてから、もう何度目の秋だったのだろうか
150921-102858-北海道201509-1 (556)_R
タウシュベツ橋梁と周辺の橋梁群

鉄道博物館と私の物語
関連記事
[ 2017/08/07 23:03 ] 博物館礼賛 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する