下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

博物館礼賛 幌内炭鉱 知る人は少ない

美しい鉄道車両は、アメリカ製
170222-150047-鉄道博物館20170222 (105)_R
170222-150058-鉄道博物館20170222 (107)_R
それは、『弁慶号』
170222-150717-鉄道博物館20170222 (129)_R
弁慶号は北海道初の鉄道『幌内鉄道』で活躍していた蒸気機関車

なんと美しい、宇宙のような姿だこと
170222-150913-鉄道博物館20170222 (144)_R
170222-151015-鉄道博物館20170222 (152)_R
170222-151323-鉄道博物館20170222 (172)_R
『開拓使号客車』
170222-151741-鉄道博物館20170222 (196)_R
読めるだろうか、『 HORONAI RAILWAY』
日本らしさが、表現されている
170222-151852-鉄道博物館20170222 (204)_R


私がブログで紹介した、愛して止まない『幌内炭鉱』
140712-153401-幌内炭鉱 (263)_R
140712-144150-幌内炭鉱 (27)_R
140712-153618-幌内炭鉱 (274)_R
橋に残されたモニュメント、、かな
140712-161003-幌内炭鉱 (396)_R
鉄道博物館に展示されている弁慶号の姉妹蒸気機関車
140712-160939-幌内炭鉱 (393)_R
『義経号』

『三笠鉄道博物館』
140712-163946-幌内炭鉱 (416)_R
弁慶号はこの地を走っていたのだ
関連記事
[ 2017/08/05 00:26 ] 博物館礼賛 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する