下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横須賀逸見 軍都残照④

逸見には、もう一つ特徴が、特別な場所があります。
それは逸見の街から坂を上がって、上がり切った場所、

この日は日差しも強く30度を優に超す気温
170717-154919-逸見20170717 (278)_R
上ることを決意したkozoh55
170717-155200-逸見20170717 (289)_R
熱中症にならないように、先ほどの商店街で買っておいた
170717-155531-逸見20170717 (301)_R
ごま団子を頂きました。ええ、ごまが光ってましたとも
170717-155730-逸見20170717 (302)_R
熱中症になったら困るから、甘いものをね
170717-155758-逸見20170717 (306)_R
食べ続けたんです

そして山の頂はもうすぐ
170717-161004-逸見20170717 (326)_R
現れたるは『按針塚』
170717-161109-逸見20170717 (330)_R
そうです、三浦按針こと『ウィリアム・アダムス』の供養塔
関ヶ原の戦いの半年ほど前に日本に漂着したイギリス人『アダムス』は
五大老の一人、徳川家康に引見し、家康に認められ、船に積み込んであった大砲・火縄銃を
関ヶ原の合戦の際に提供して、少なからず東軍勝利に貢献したという

逸見はウィリアム・アダムスの所領
徳川家康からご褒美として与えられた土地

だからでしょうか、按針塚近くの海が見える公園に行くと
170717-161734-逸見20170717 (342)_R
海が広がっている姿、パノラマが目に飛び込んできて
170717-161740-逸見20170717 (344)_R
軍都らしい『軍艦』のようなものも見えてきて
170717-161847-逸見20170717 (350)_R
ああ、これ、猿島だよと気が付いて
陸地からあんなに近いんだ~と何か納得したりして
170717-164159-逸見20170717 (386)_R
気持ちよく家路に向かうことが出来たんです
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する