下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

出逢いの街 蒲田西口商店街群③

『戦前、実家がお豆を販売するお店をやっていたのよ』
『戦争の影響もあって、道路の拡張でお店は閉店したの』
『空襲されるようになって、私達子供は疎開、今も有名な観光地に行ったわ』
170627-144639-蒲田・六郷・雑色20170627 (140)_R

『疎開地では、地元の子供達にいじめられ、出される食べ物も少なくて、辛かったわよ』
『忘れられないのは、体育館の中の床に、子供たちが野菜を植えた時の事』
『収穫まで手伝わされて、収穫された野菜はひとつも口にすることが出来なかった』
170627-134329-蒲田・六郷・雑色20170627 (99)_R


『今も恨んでいるわよ、あれは疎開地の先生達で食べてしまったんだって』
『戦争が終わって、蒲田に戻ってみると、全て丸焼け、残っていたのは、
電通の建物と、池上本門寺がずっと向こうに見えた、それだけ』
170627-143656-蒲田・六郷・雑色20170627 (120)_R
『新橋にある電通本社の近くで働いたりしながら』
『なんとかこのお店を出すことが出来てね』
『当時の男の友達なんて、みんな死んじゃったね、男は酒を飲むから長生きできなんだよ』

170627-134415-蒲田・六郷・雑色20170627 (100)_R

1時間もそこにいたでしょうか
彼女はこの話をお昼のサンドイッチを食べながら私にしてくださった
ありがとう、ありがとう
関連記事
[ 2017/07/28 00:33 ] 出逢いの街 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/29 18:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する