下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

出逢いの街 蒲田西口商店街群①

蒲田西口の商店街をなんとなく歩く
170627-133545-蒲田・六郷・雑色20170627 (86)_R
170627-133658-蒲田・六郷・雑色20170627 (89)_R
170627-143538-蒲田・六郷・雑色20170627 (118)_R

『あら、おんなじだわねえ』
後ろから声が響く
振り向くと、そこには杖をついたかなりの高年齢のおばあちゃん
『シャンシャンて、歩くと音がするの、おんなじよ』
そう言って、鈴の付いたキーホルダーを私に見せてくれた
『家のお孫ちゃんが買ってくれたのよ、たくさん』
ああ、そうなんですか、嬉しいですね
『いいわよね~、歩くと音がして。あなたのと一緒だわ』
本当に、そうですね。

『じゃあ、さよなら』
さよなら

私の街歩き用リュックにぶら下がる
170725-155348-田浦20170725 (392)_R
仲間たち
170725-155433-田浦20170725 (393)_R
5年間の街歩きの勲章かな、音がするやつ、多数あり
関連記事
[ 2017/07/25 22:57 ] 出逢いの街 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する