下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横浜山手 異人達の記憶①

エリスマン邸の内部を一通り見終えて、
このお屋敷の庭、公園になっている場所を眺めると
それはありました。

170711-160326-横浜山手洋館スペシャル201707 (250)_R
170711-160332-横浜山手洋館スペシャル201707 (251)_R
『山手80番館遺構』

関東大震災(大正2年)までは、『マクガワン邸』
170711-160156-横浜山手洋館スペシャル201707 (240)_R
あまりにも生々しく残され、これは下水か
170711-160233-横浜山手洋館スペシャル201707 (246)_R
地下部分の基礎?全体像がそこには残され
170711-160404-横浜山手洋館スペシャル201707 (258)_R
当時の床がそこに生々しく現れている姿
170711-161516-横浜山手洋館スペシャル201707 (305)_R
複製とはいえ、こうして美しく再現されたタイルたち
170711-160143-横浜山手洋館スペシャル201707 (237)_R
170711-160147-横浜山手洋館スペシャル201707 (238)_R

そして、この遺構を包み込む公園の姿全てが
170711-160617-横浜山手洋館スペシャル201707 (267)_R
横浜という『時』を刻んでくれていました
170711-161006-横浜山手洋館スペシャル201707 (276)_R
170711-161242-横浜山手洋館スペシャル201707 (288)_R
170711-161304-横浜山手洋館スペシャル201707 (294)_R
170711-161452-横浜山手洋館スペシャル201707 (297)_R

横浜山手、始まりです
関連記事
関東大震災の痕跡ですね。元町公園の上の方に物言わずに残っていますね。歴史の証人なんですけど、気づかない人が殆どでしょう。
[ 2017/07/20 07:18 ] [ 編集 ]
Re: AzTakさんへ
おはようございます、コメント下さりありがとうございます。
はい、ブログのお友達に教わっていなければ、通りすぎていたと思います。明治・大正時代の記憶は、横浜をもってしても少ない中で、とても価値のあるものに私には映りました。AzTak

さんもご存知の三溪園の高台に残された洋館遺構、共に横濱の代表的建築物だったのでしょうね。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2017/07/21 07:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する