下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横須賀衣笠 あの空の下に②

今回の記事のきっかけをくださったのは、私のブログのお友達
”ほしがき写真散歩”のブログを運営されている『ほしがき』さんの記事
今回の記事の場所など、衣笠を紹介してくださいました。

昭和40年代建築でしょうか『並木ビル』
170705-114142-横須賀衣笠20170705 (57)_R
戦後の古い雑居ビルが続きます

衣笠の全盛期には、ここは映画館だったそうです
170705-114212-横須賀衣笠20170705 (58)_R
お隣も飲食街の雑居ビル
170705-114313-横須賀衣笠20170705 (60)_R
多分、全て現役のお店でしょう、すごいや
170705-114339-横須賀衣笠20170705 (64)_R
170705-114358-横須賀衣笠20170705 (65)_R
『ニュー並木ビル』は
170705-114707-横須賀衣笠20170705 (83)_R
いつもどこかでカラオケの音が聞こえ
170705-114727-横須賀衣笠20170705 (86)_R
素敵なステンドグラスの外観のお店もあり
170705-114637-横須賀衣笠20170705 (80)_R
けれど、3階に行くと、もうテナントは入ってない?ようで、寂しい
170705-115850-横須賀衣笠20170705 (109)_R
まさに水曜日、『水曜会』に集まった方々で
170705-120106-横須賀衣笠20170705 (118)_R
大きな声が鳴り響いていました

ええ、屋上からの眺めは
170705-120035-横須賀衣笠20170705 (116)_R
都会なんだか、田舎なんだか、という感じでしたよ

関連記事
「横須賀衣笠 あの空の下に」素晴らしいですね。
衣笠まではるばるとありがとうございます。
「ほしがき写真散歩」の紹介までしていただいて重ねてありがとうございます。
横須賀美容院のタイル。そこまで丁寧には見ませんでした。
kozo55さんの視点は私とは全く違うので興味津々です。
今後の展開が楽しみです。
[ 2017/07/12 22:05 ] [ 編集 ]
Re: ほしがきさんへ
おはようございます、コメント下さりありがとうございます。
改めて、衣笠という地を紹介してくださった事、感謝でございます。私の視点は、自身が生まれた時代、今から50年前の姿を想像しながら街を歩く事でしょうか。
この二本の平行した商店街に人が群れて、子供達の声が聞こえてくる姿、商店主はみな若く、生き残るために日々家族で踏ん張っている。今が良いとかそうでないとかではなく、当時の姿へのリスペクトと今もそこで頑張っている方々への親しみみたいなものがあるのかもしれません。
横須賀への旅は今始まったばかりです。これからも楽しませて下さい。
[ 2017/07/13 07:15 ] [ 編集 ]
これはすごい!
ビルごと面白いですね。
横須賀はちょっと距離あるけど、気になるところがたくさんです。
[ 2017/07/18 20:49 ] [ 編集 ]
Re:kshun10さんへ
こんにちは、コメント下さりありがとうございます。
横須賀、惚れてしまいました。
歌のタイトルではないですが、ストーリーがある街ばかりなんです。色街残照としての田浦・安浦、幕末の歴史を背負った浦賀、軍都としての横須賀市内、今度紹介する逸見では、色街の女性が住む街として存在していた。
きりがないくらい、ストーリーのある街、おすすめです、是非いらして下さい。
またのご訪問、お待ち申し上げます。
[ 2017/07/19 12:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する