下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

ふじみ野 ひっそり佇む 廻船問屋①

駅で言うと、東武東上線の上福岡駅
170509-135351-上福岡201705 (22)_R
丁寧に作られたラーメンは
170509-135401-上福岡201705 (23)_R
さっぱり味の醤油ラーメンで
170509-140020-上福岡201705 (29)_R
美味しかった
170509-140402-上福岡201705 (32)_R
「中華そば田家ふくふく」さん

下町商店街がいっぱいあって楽しそう
170509-140700-上福岡201705 (35)_R
何のキャラ?
170509-140707-上福岡201705 (38)_R

などと独り言を言いながら駅から歩くこと20分
170509-142800-上福岡201705 (47)_R

今回の主人公の登場
170509-142833-上福岡201705 (49)_R
170509-142844-上福岡201705 (51)_R

廻船問屋『福田屋』さん
関連記事
こんな内陸部に廻船問屋とはちょっとビックリでしたが
川船で相当上流まで行けたそうですので
廻船問屋もあったのでしょうね。
鯉のぼりがあるのは5月の取材でしょうか。
ラーメンのチャーシューがすごく美味しそう。
[ 2017/07/06 22:05 ] [ 編集 ]
Re: ほしがきさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます
そうですね、この建物の脇に流れる『新河岸川』は
川越と江戸を繋ぐ舟運の地であり、ここは『福岡河岸』と呼ばれる
商いの場所だったようです。
衣笠もそうですが、三崎と横須賀を繋いだ衣笠も現代まで商店が連なり
交通の要衝であることは大事なんですね。
はい、チャーシュー美味しかったですね。
丁寧な醤油ラーメン、でしたね。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2017/07/07 00:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する