下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

小笠原伯爵邸 四半世紀の眠りから覚めたスパニッシュ建築③

ディナーを終えて、帰ろうかと思っていたら
「この館の魅力を、ご案内しましょうか?」いうありがたい声を頂く。

そして中庭から
170612-213733-小笠原邸20170612 (230)_R
ハーバード大学に留学していた小笠原長幹さん自身の芸術作品
170612-213829-小笠原邸20170612 (242)_R

外階段の先にあるもの
170612-213749-小笠原邸20170612 (234)_R
2階にも社交場があり
170612-214014-小笠原邸20170612 (258)_R
これは「鳥小屋」だという
170612-214032-小笠原邸20170612 (262)_R

建物内部の1階に戻ると、地下に続くワンインカーブ
170612-215534-小笠原邸20170612 (316)_R
そうなんです、このカウンターでスイーツとカフェだけ頂くことも可能ですよ170612-215617-小笠原邸20170612 (318)_R
ああ、そう、ここは元々トイレだった
170612-215712-小笠原邸20170612 (321)_R
中の照明は唯一、建築当時の物が残されているもの
170612-215723-小笠原邸20170612 (323)_R
美しすぎたステンドグラス
170612-215815-小笠原邸20170612 (327)_R
入口上部の装飾は
170612-215839-小笠原邸20170612 (330)_R
素敵、を通り越してしまってます
170612-215857-小笠原邸20170612 (332)_R

洋館としての『小笠原伯爵邸』

なのに、この建物の入口左側に残されたもの
170612-220142-小笠原邸20170612 (342)_R
まごうことなき猿であり、この館の守護神でした。

年に1回はここに来なくちゃね
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する