下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

小笠原伯爵邸 四半世紀の眠りから覚めたスパニッシュ建築①

都営大江戸線の『若松河田駅』ご存じない方も多いのではないか、
170612-183908-小笠原邸20170612 (3)_R
『小笠原伯爵邸』はなんと駅0分、この裏に突然姿を現す
170612-184005-小笠原邸20170612 (8)_R
170612-184026-小笠原邸20170612 (10)_R
守衛室があること自体、異質な存在
170612-184037-小笠原邸20170612 (11)_R
それが
170612-184104-小笠原邸20170612 (14)_R
『小笠原伯爵邸』昭和2年竣工
170612-184205-小笠原邸20170612 (23)_R

今日は家族のバースデーがあり夕食を予約

170612-184228-小笠原邸20170612 (27)_R
見る角度で表情を変化させる邸
170612-184508-小笠原邸20170612 (44)_R
この、脇の勝手口の先に見えてくるのが
170612-184650-小笠原邸20170612 (51)_R

スパニッシュガーデン
170612-184727-小笠原邸20170612 (52)_R
これすべてタイル、焼き物
170612-184753-小笠原邸20170612 (57)_R

結婚式も行われる処
170612-184855-小笠原邸20170612 (65)_R
170612-184938-小笠原邸20170612 (71)_R
これがこの建物の後ろ姿と言っていいのだろうか
170612-185151-小笠原邸20170612 (82)_R
ガーデンの主人公達も
170612-185246-小笠原邸20170612 (87)_R
それぞれが
170612-185742-小笠原邸20170612 (105)_R
個性派だ
170612-185804-小笠原邸20170612 (108)_R

つづく

関連記事
若松河田駅の裏手に在るのですね?
小僧さま
 その小笠原伯爵邸レストランですが、話には聞いたことがありますが、地下鉄駅の裏手とは知りませんでした。立地条件は抜群ですね。でも、その分、お値段は高そう----。
 詳細な紹介記事、有難う御座いました。
[ 2017/06/17 11:09 ] [ 編集 ]
Re: 若松河田駅の裏手に在るのですね?
お晩ですYozakuraさん、コメント下さりありがとうございます。
はい、駅直結と言っていいくらいです。
噂では聞いていましたか~
邸宅とか結構好きで、それも古ければ古いほど良いという感じですが、
小笠原伯爵邸は、洋風建築への忠実性、そして修復の見事さもあって
別格の美しさを感じました。
それにしても、現在2000坪、当時は20000坪の敷地だったとの事
もう新宿御苑あたりまでつながっていたのではないでしょうか?
駅はまるで小笠原邸の専用の駅と思えるほど近いですわ。
前田侯爵邸、岩崎邸、古川邸、どこも素晴らしいんですけど
ディナーに使うならここしかありませんね。(笑)
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2017/06/17 22:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する