下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

時のかけら 五番町夕霧楼 

『五番町夕霧楼』京都の五番町に実在した『五番町遊郭』を舞台とした
男女の悲しい物語。水上勉原作で、2度映画化されています。

昭和33年の売春防止法施行により色街から住宅街へと
移ろっていました。

だいぶ前に紹介した京都の島原から歩いて行ったら
かなり遠かったです。
170215-133953-京都20170216 (641)_R
「桔梗商店街」何処にあったかも覚えてません
170215-134046-京都20170216 (647)_R
京都ではこのくらいの建物は
170215-134107-京都20170216 (649)_R
文化財とは言えないのかしら
170215-134137-京都20170216 (654)_R
上品な長屋風で、素敵です
170215-134630-京都20170216 (659)_R
「うれしなつ菓子」
170215-134657-京都20170216 (661)_R
ええ、二条城が見えたもので
170215-135158-京都20170216 (669)_R
二条城入口近くにありました
170215-135519-京都20170216 (672)_R
こんな姿の煙草屋さんは
170215-140306-京都20170216 (684)_R
地方都市からも消え去ってます
170215-140327-京都20170216 (688)_R

五番町界隈に到着

遊郭有りしころの面影か
170215-141610-京都20170216 (698)_R
170215-141705-京都20170216 (703)_R
170215-141912-京都20170216 (721)_R
170215-141923-京都20170216 (724)_R
170215-141934-京都20170216 (727)_R
これは遊郭というより、「赤線」時代の名残か
170215-142131-京都20170216 (735)_R
現役映画館
170215-142030-京都20170216 (728)_R
2階の風情に吸い込まれてしまいそう
170215-142850-京都20170216 (754)_R
関連記事
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/10 12:26 ] [ 編集 ]
Re: 投稿先を間違いました。失礼しました
大丈夫です、ご心配なく。
ちゃんと理解してますから。
kozoh55
[ 2017/06/10 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する