下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

神楽坂光景 昭和カフェとの出逢い

神楽坂をどんどん上がって、もう地下鉄東西線の神楽坂駅に着いた頃
新しい出逢いが私を待ってくれていました。

『珈琲 フォンテーヌ』
170506-133224-KOZ_0080_R.jpg
狭い入口から地下へ
170506-133243-KOZ_0082_R.jpg
170506-133257-KOZ_0083_R.jpg
この扉の向こうにあったもの
170506-134557-KOZ_0114_R.jpg
いきなり昭和な公衆電話と
170506-134203-KOZ_0089_R.jpg
レジスター
170506-134316-KOZ_0095_R.jpg
しかも現役
170506-134225-KOZ_0093_R.jpg

古い革張りの椅子
170506-134917-KOZ_0124_R.jpg
低い天井、2メートルそこそこかな
170506-134403-KOZ_0101_R.jpg

昭和40年代、50年代で時間を封じ込めたのか
170506-134929-KOZ_0126_R.jpg

ご主人自慢の各種造作、ご自身で作ったものばかり
170506-134942-KOZ_0127_R.jpg
170506-135016-KOZ_0129_R.jpg
170506-134351-KOZ_0099_R.jpg
メニューも
170506-134626-KOZ_0116_R.jpg
手作り感満点で
170506-134638-KOZ_0119_R.jpg
その昭和なメニューから
170506-133624-KOZ_0085_R.jpg
レスカにしようかと考えたあげく
170506-133645-KOZ_0088_R.jpg
お子ちゃまなクリームソーダを選んだのです

『レスカ』なんて言葉を使うのはいつ以来だろうか
記憶違いかもしれませんが、ご主人から聞いた開店の年は昭和41年、、、、
もう50年このお二人は営業され、神楽坂のうつろいを
眺めていたのでしょう
ありがとうございます、マスター、奥様

神楽坂は路地、そして素敵な食べ物屋さんの街だと
けれど、それだけじゃないんですねえ
いつかまた記事にします
関連記事
昭和41年開店ですか。
レジスター、ピンクの電話、それにソロバンまで
開店当時そのままのようです。
よく残っていると感激です。
こんな店のある神楽坂は本当に面白そうなところですね。
[ 2017/05/24 17:50 ] [ 編集 ]
Re: ほしがきさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
偶然の出逢いでこれだけのお宝に出逢うことが出来る街って
神楽坂って凄いです。
今回は紹介していないですが、
ちいさなちいさな女の子が店番をしている「猫のおうち」な
猫グッズ屋さんなんて、「夢の中の出来事」と思ってしまいましたから、
そういうことがおきて不思議でないのが、『神楽坂』なんでしょうね。
どこか『神っている』街かもしれません。
そうですね、この『フォンテーヌ』さんは、
私のような昭和世代にとっては、どこか、『聖地』なのかもしれません。
今度行くときは、食べ物もチャレンジですね。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2017/05/25 23:01 ] [ 編集 ]
おーこれはいいですねー!
看板の渋い書体といい、レジといい。

田舎のばあちゃんち、みたいな懐かしさが漂ってますね
[ 2017/05/26 21:54 ] [ 編集 ]
Re: kshun10さんへ
こんにちは、コメント下さりありがとうございます。
はい、kshun10さんにオススメしたい喫茶店です。
ご主人と奥様でやってらっしゃって、気さくで家庭的な感じ、
メニューが昭和ですし、是非一度いらして下さいませ。
神楽坂の中のレトロオアシスですね~
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2017/05/27 16:12 ] [ 編集 ]
現役レジスターの撮影、力が入ってますね
kozoh55 様
 無沙汰しております。何時に変わらぬ旺盛なる行脚に記事の上梓、お疲れ様です。

 この「神楽坂レトロ・オアシス」の店舗奥に鎮座ましますレジスターですが、貴ブログにて、これと類似の写真を見掛けた記憶あり。
 はて?それは何時の日のことか----?とこのブログの過去記録を遡及すれば、
 今から5年前・2012年6月頃に「文人の街・本郷」を逍遥された際に立ち寄った喫茶店「万定フルーツパーラー」にて、
 合計2回にも亘り紹介に努めていらっしゃる【国民金銭登録機】の現役・骨董品である「だるまレジスター」だったのです。
 その当時、北米合衆国オハヨー州にて製造された製品であることを証明する小さな銘板まで克明に撮影されて居ります。

 これはもう、この「往時、日本の津々浦々の店舗に於いて、広範な分野に於いて使用されていた勘定器具」に、小僧氏が甚く愛着を抱いて居らっしゃるからでしょう。
 どうぞ今後とも、この調子で、文房具フェチ、レトロ建築フェチの旅を続けて下さい。お元気で。
[ 2017/06/10 10:42 ] [ 編集 ]
Re: 現役レジスターの撮影、力が入ってますね
お晩です、Yozakuraさん、コメント下さりありがとうございます。
そうですね、まさに本郷の万定フルーツパーラーでの出逢いから、
レトロレジスター愛が始まったと言っていいと思います。
なんせ大正時代のもので、現役ですから~NCR製のお宝ですね。
機種的にたぶん近かったのが、つまり戦後のレジスターでは
1ヵ所が葉山(http://kozoh55.blog.fc2.com/blog-entry-1416.html
そしてもう1ヵ所が南千住の喫茶店オンリー
http://kozoh55.blog.fc2.com/blog-entry-1333.html
だったような気がします。
そうですね、あらゆるフェチぶりをこれからも発揮しながら
頑張ってまいりますね。
これからもよろしくお願いします。
[ 2017/06/10 22:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する