下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

神楽坂風景 見番通り再び

ついに神楽坂を上がる
170506-120309-KOZ_9996_R.jpg
不思議な店名だけど
170506-120352-KOZ_9998_R.jpg
これこそが神楽坂にお店を出す人達の
矜持みたいなものなのだろう
170506-120357-KOZ_9999_R.jpg
道の左側の路地に入る「見番通り」
170506-125314-KOZ_0055_R.jpg
これこそが現役の見番
170506-125606-KOZ_0063_R.jpg

見番:その街の料理屋、芸者屋、待ち合いの三業者が集まる事務所
長崎丸山町館林木更津、どの建物も格式高いものばかりでしたね~

これは会館だろうか
170506-125253-KOZ_0054_R.jpg
お稲荷神社には花街としての歴史が刻まれている
170506-125205-KOZ_0053_R.jpg
この可憐なお花は、私に何を伝えようとしているのか
170506-125450-KOZ_0058_R.jpg
不思議な街だ
170506-121712-KOZ_0020_R.jpg
古きと新しきが共存しているから
170506-121606-KOZ_0017_R.jpg
泉鏡花、北原白秋が住んでいた建物跡

素敵な風なお店がいっぱい
170506-124314-KOZ_0035_R.jpg
かと思うと、風情ある現役銭湯がひっそり佇む
170506-124524-KOZ_0041_R.jpg
どこまでも「温故知新」な街
170506-121332-KOZ_0016_R_20170523083750226.jpg
170506-121712-KOZ_0020_R_20170523083752110.jpg
170506-121844-KOZ_0025_R.jpg
170506-121830-KOZ_0023_R_20170523083756ca8.jpg
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する