下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

秦野 時のかけら

どうしても、もう一話、秦野の事が触れたくて、
「時のかけら」編としました。

看板がどこか昭和で
170502-130110-秦野20170502 (43)_R
手芸屋さん、ボタンが主役
170502-130133-秦野20170502 (46)_R
何故湘南クッキーの自動販売機があるのか
170502-130718-秦野20170502 (55)_R

どうでしょう
170502-135837-秦野20170502 (175)_R
どうですか
170502-135946-秦野20170502 (179)_R
実は食べてばかりいました
170502-152412-秦野20170502 (261)_R
170502-161139-秦野20170502 (364)_R
このマークがどこの会社のなのか、わかる人が少なくなったかも
170502-152603-秦野20170502 (263)_R

170502-152941-秦野20170502 (280)_R
ふと、お洒落な看板に気が付く私
関連記事
こんにちは。
街歩きをしていると甘いものが食べたくなりますよね〜
古びた街の電気屋さん。
あのロゴは、日立ですね。
[ 2017/05/19 12:34 ] [ 編集 ]
Re: ひろろろろさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
そうですね、日立の看板。
2000年代に苦境に陥った日立が、
今や世界を支えるインフラ企業になったと思えば
東芝がこうして風前の灯に様になっていく、
栄枯盛衰はめまぐるしすぎますね。
私とひろろろろさん、昭和世代は、
ナショナルや東芝、日立、サンヨー、シャープの全盛期を思い出しながら
これからも懐かしむんでしょうね。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2017/05/19 22:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する