下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

尾久 眺めのいい時間(とき)④

尾久にはどれだけの商店街があるのか、、、
170428-132510-尾久界隈20170428 (202)_R
「川の手もとまち商店街」
170428-132623-尾久界隈20170428 (206)_R
なかなか雰囲気のある喫茶店、今度入ってみたいな
170428-132538-尾久界隈20170428 (204)_R
「川の手」とは、昔の呼び名で青山・四谷あたりの山の手に対して
下町のことを「川の手」と呼んでいたそうです、今回知りました。

この商店街は非常に短くて、この「舎人ライナー」にて終わり
170428-140538-尾久界隈20170428 (235)_R
その先には「尾久本町通り商店街」につながっている
170428-140509-尾久界隈20170428 (234)_R
そう、尾久の商店街の多くは繋がっているんですね
170428-133213-尾久界隈20170428 (212)_R
170428-133624-尾久界隈20170428 (223)_R
昭和の銭湯、ここも中に入ってみたくなります
170428-133612-尾久界隈20170428 (222)_R
すこしコマを戻して、左側に現れた、
170428-132507-尾久界隈20170428 (201)_R
「ハッピーモール熊野前商店街」
170428-141528-尾久界隈20170428 (258)_R
懐かし度満点の万国旗
170428-144547-尾久界隈20170428 (290)_R
共存する若者たちによる小粋なカフェ
170428-141613-尾久界隈20170428 (259)_R
新しい味わい
170428-142953-尾久界隈20170428 (263)_R
可愛いロゴ
170428-143359-尾久界隈20170428 (274)_R

そしてまた、下町ならではの姿
170428-144412-尾久界隈20170428 (279)_R
170428-144431-尾久界隈20170428 (281)_R
170428-144503-尾久界隈20170428 (284)_R
170428-144513-尾久界隈20170428 (286)_R

この街にはどれだけの商店街があるのか
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する