下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

鎌倉 癒し大仏

今回、初めての訪れた「鎌倉大仏殿高徳院」
170204-161506-鎌倉20170204 (371)_R

170204-161656-鎌倉201702042 (5)_R

170204-161810-鎌倉201702042 (13)_R

170204-161829-鎌倉201702042 (14)_R

170204-161854-鎌倉201702042 (16)_R

170204-161659-鎌倉201702042 (6)_R

170204-161914-鎌倉201702042 (20)_R

170204-161917-鎌倉201702042 (21)_R

170204-162048-鎌倉201702042 (29)_R

170204-161859-鎌倉201702042 (19)_R

170204-162129-鎌倉201702042 (34)_R

170204-162133-鎌倉201702042 (36)_R

170204-162613-鎌倉201702042 (42)_R

170204-162615-鎌倉201702042 (43)_R
穏やかな気持ちで、この地を離れることが出来ました
関連記事
鎌倉大仏には良く行きます。
大概は観光客を中心に撮影して終わりにしています。
最近は外人さんが多く、大仏を同じ形になって記念写真を撮ったりしています。
大仏の姿だけをこれほど真剣に撮影したことはありません。
慈悲という文字が浮かんできました。
[ 2017/05/01 14:58 ] [ 編集 ]
Re: ほしがきさんへ
コメントくださりありがとうございます。
普通は長谷周辺を巡って、いくつかのスポットを紹介した中のワンシーンとして紹介するのでしょうけど、
何かこの大仏の表情に取り憑かれたkozoh55でした。
あれは、仰るとおり慈悲の表情か、私には何か人間の、私の業を許して下さる
そんな表情に思えて、ついついこんな単独の記事となったのです。
そもそも時の最高権力者が作ったわけではなく、なおかつ、
一時期ばかり野ざらしにされ、倒されていた時期もあると聞きます。
そんな事を知ってあの目を見ると、そうですね、私たち人間を包み込んでくれる
大仏の慈しみを勝手に感じた次第です。
いつもありがとうございます、またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2017/05/02 11:28 ] [ 編集 ]
いいですねえ鎌倉。
あの界隈は一度でいいから行ってみたいと思っています。

まさかの大仏360度、ズームアップ。
大仏さまをこう撮るとはkozoh55さんにしか無い発想ではないでしょうか。

なんでしょうか・・・
僕は一枚一枚見れば見るほど無言で怒られているような気になりました。
「atushiや・・・ウソはいけませんよ、ウソは」と。
これは僕がやましい人間だからでしょうか。
精進したいと思います。
[ 2017/05/03 00:34 ] [ 編集 ]
Re: atushiさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
最近atushiさん向けのグルメ大作戦記事はとんとご無沙汰してます。
嫁がダイエットを始めたから、でしょうか、美味しいお店に
あまり行ってないのです。
今度また眩しいようなネタを仕入れますね。
そうか、atushiさんには大仏が説教しているように見えましたか。
何か若い頃、大仏様を見に行って蹴っ飛ばしてしまったとか、
そんなのじゃないですよね。
お互い、精進が大切ですね、南無阿弥陀仏、、、
やはり鎌倉にいらしていただいて、彼女さんの大仏のお面姿って
どうでしょう、猫屋敷と勝負できるかもしれませんよ~
それにしてもうさぎ島、行ってみたいkozoh55ですよ。
ぴょんぴょんと、やりたいです。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2017/05/03 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する