下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

大磯 『湘南』始まり物語④

風光明媚な里としての「湘南」の地、大磯
170225-130917-大磯20170225 (7)_R
看板がなななかにお洒落
170225-134241-大磯20170225 (48)_R
170225-134332-大磯20170225 (51)_R
お寺には井戸と
170225-134607-大磯20170225 (53)_R
夏みかんが育ってたりします
170225-134828-大磯20170225 (57)_R

駅を降りるといきなり料亭があったり
170225-132108-大磯20170225 (24)_R
美しい洋館に遭遇したりする大磯
170225-133449-大磯20170225 (32)_R
西へ西へと
170225-162903-大磯20170225 (373)_R
夕方4時30分、三井家の別荘があった、そして旧吉田茂邸のある城山公園に到着
当たり前ですよね、公園は4時半には入場受付終了

結局、三井家別宅跡をぶらりと歩きました
170225-164339-大磯20170225 (380)_R
170225-164343-大磯20170225 (382)_R
戦前、日本一の財閥だった三井家
170225-164417-大磯20170225 (384)_R
170225-164833-大磯20170225 (392)_R

大磯ロングビーチのその先の風景
170225-161324-大磯20170225 (366)_R
170225-161321-大磯20170225 (363)_R

ここは何処だったろうか
170225-162622-大磯20170225 (370)_R
思い出せません
170225-165201-大磯20170225 (399)_R

吉田茂邸再建を終えて、4月1日より一般公開スタート
ということで、また大磯に来て、その時には拝んでおきたいことです。
関連記事
吉田茂邸公開とタイミングが合わず残念でしたねぇ〜
でも 今はとても混み合っているから
少し落ち着いてから訪問が いいかもしません(=゚ω゚)ノ
私も落ち着いてから見に行くつもりです^ ^

ロングビーチの先の風景、
ステンド硝子の建物は伊藤博文ゆかりの建物 滄浪閣です♬
一時期は中華レストランだったのですが 今は廃業したまま…
長いこと廃墟化しているので残念です(;_;)

大磯は 島崎藤村邸もお勧めなんですが ご存知ですか〜?!
古民家のカレー店CAIROの斜め裏手あたりにひっそりあり
当時の暮らし振りが見えてくるような こじんまりとしたお家です♪

鎌倉も広範囲楽しまれたのですねぇ〜 (ラーメンも)笑
私も 桜の咲く前に龍口寺に行ったのですが その周辺散策で
kozoh55さんと同じ建物を撮っていました (いづれ 記事にする予定)
目にとまる建物の好みが とことん同じみたいです(*^_^*)
[ 2017/05/03 18:32 ] [ 編集 ]
Re: shizuさんへ
こんにちは、コメント下さりありがとうございます。
たくさんのオススメスポット情報感謝です、鎌倉訪問のきっかけもあの鎌倉銀行でした。
吉田茂邸は平日に今度行ってきますね。銅像は皇居の中のものたとどちらが似ているのか、見比べるのが楽しみです。
そうでしたか~あのステンドグラスの建物、ただ者ではないと思ってましたが、伊藤博文ゆかりのお店だったんですね。
龍口寺、素晴らしいですよね、どこか神様が乗り移っているのかもしれません。江ノ島と一体となった名所です。
鎌倉界隈の記事、楽しみにしています、私も秦野の記事の準備に入りますね。また是非遊びにいらして下さい。
[ 2017/05/04 12:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する