下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

大磯 『湘南』始まり物語①

前の記事「取手」は「本陣」に出逢う旅でした。
大磯はどうだったか、、、吉田茂の旧宅があったけど、
つい少し前に確か全焼してまったし、
明治・大正・昭和の政治家の別荘地?見れるのかしら

地味目な小さな駅
170225-131036-大磯20170225 (18)_R
そりゃそうでしょう、元々駅設置の予定は無かった場所
170225-130947-大磯20170225 (13)_R
日本初の海水浴場を作ることなり、明治20年に開業されたのです
170225-130953-大磯20170225 (15)_R
駅舎は当時からのそのまま?確かにレトロではあります
170225-130937-大磯20170225 (12)_R
そうですね、別荘地として「明治政界の奥座敷」と呼ばれていたそうですよ

駅裏の高台にいきなり美しい洋館が登場
170225-131116-大磯20170225 (21)_R

駅前商店は、ほぼここだけ
170225-132304-大磯20170225 (25)_R

日本で最初の海水浴場、それが大磯
170225-132636-大磯20170225 (27)_R
170225-132639-大磯20170225 (28)_R
駅を少し下ると、そこは東海道
170225-134221-大磯20170225 (46)_R
大磯宿本陣跡地
170225-140158-大磯20170225 (81)_R
ここですよ、お蕎麦屋さんになってました
170225-140252-大磯20170225 (83)_R
お屋敷調の建物には
170225-141607-大磯20170225 (114)_R
さらっと蔵が存在感を発揮してくれてます
170225-141752-大磯20170225 (117)_R
170225-141816-大磯20170225 (121)_R
今はカフェとして営業されてました
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する