下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

水戸街道 取手宿 本陣の時間④

取手駅から徒歩5分ほどの所に
170414-130951-取手201704 (92)_R
造り酒屋「田中酒造」さん、このスクラッチタイルは昭和初期大流行したもの
170414-130959-取手201704 (93)_R
風情がありますねー、この樽達
170414-131040-取手201704 (95)_R
170414-131106-取手201704 (99)_R
この奥の建物は、昭和初期のものか
170414-131115-取手201704 (100)_R

驚いたのは店内に入ったその瞬間
170414-152331-取手201704 (278)_R
お雛様が空を飛んでいますわ
170414-152404-取手201704 (286)_R
よくぞこうしてお雛様が宙を舞い、楽しんでいる姿を考え付いたなあと思ったら
170414-152419-取手201704 (290)_R
東京藝術大学の生徒さんの協力を受けたそうです
170414-152425-取手201704 (292)_R
見ているだけで、ほんとこのままで楽しい
170414-152352-取手201704 (283)_R

背景も凄いんですよ
170414-152521-取手201704 (309)_R
170414-152526-取手201704 (311)_R
170414-152544-取手201704 (314)_R

そして、造り酒屋の本領発揮
170414-152727-取手201704 (327)_R
グリーンの瓶、いいなあ、これ。
170414-152651-取手201704 (323)_R

この造り酒屋さんの顔ですね、この瓶たちよ。
関連記事
kozoh55さん
こんばんは。

外に展示されている酒樽の内側、すごいですね~。
これも東京藝術大学の生徒さんの協力でしょうか?
生徒のレベルを超えているv-12
[ 2017/04/23 21:54 ] [ 編集 ]
Re: おるごどんさんへ
こんにちは、コメント下さりありがとうございます。
やっぱりそうですよね、あれはいったい何の意味なのか、疑問に感じながらも、流してしまったkozoh55でしたよ。
あれも芸術活動だったのか~納得したりします。
それにしてもこの酒蔵の内部には大変なお宝が残されているんでしょうね。
ご質問の答えとしては、「わかりません」でした。
懲りずにまた是非遊びにいらして下さい。
[ 2017/04/24 19:17 ] [ 編集 ]
きゃ~!可愛いですね>▽<
遊び心なのでしょうか!素晴らしいです^▽^
それぞれのポーズもバッチリ決まっていますね*^^*
おじいさん、天使みたい^0^

よく毎回、素敵な場所を発見しますね^^調べて訪ねるのですか?
それとも、においで発見するのでしょうか?^^ふふふ

[ 2017/04/29 00:36 ] [ 編集 ]
Re: 菜奈乃さんへ
コメント下さりありがとうございます。
ほんと可愛い!ストーリー作りも一目で理解出来る素晴らしい作品です。ほんと、天使でしたよ。
お雛様を立体的に展示するなんて、芸術家でなければ考えつかないですよ~
偶然出逢った作り酒屋さんでの発見、運が良かったですね。
ただ、確かに私は匂いを感じたですよ。い~い匂いが。
本陣は事前に調べてお邪魔しました。今回の初期の目的地です。街歩きはそこからの出逢いが楽しみですね。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2017/04/30 14:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する