下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

水戸街道 取手宿 本陣の時間③

染野家の皆さんの炊事場この右の台にお鍋を乗せて、保温したという。
170414-132401-取手201704 (142)_R
土間から茶の間を見渡す
170414-134619-取手201704 (183)_R
土間から広間を見渡す、
その先に見えるのが大名用の「間」
170414-132013-取手201704 (129)_R
露出した天井組み、迫力満点でした
170414-132413-取手201704 (145)_R

お殿様はここにあり、あの水戸家9代藩主、徳川斉昭(烈公)もここに座ったのだ
170414-134252-取手201704 (173)_R
こうして庭園を愛でたことだろう
170414-134309-取手201704 (174)_R
170414-134317-取手201704 (176)_R
ひょうたんのくり抜き
170414-134159-取手201704 (167)_R
菱格子
170414-134242-取手201704 (169)_R
どれもが、格式の高さを感じられるものです
170414-134246-取手201704 (171)_R

私にはこの程度の紹介が精いっぱい
まあ、凄い

もう一軒、取手には紹介したい建物があります。
明日、紹介しますね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する