下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

鎌倉 江ノ電沿線お散歩④

再び江ノ島を目指す
170211-162030-鎌倉20170211 (408)_R
渋いわ~この建物、鎌倉みたい
170211-162803-鎌倉20170211 (441)_R
腰越に到着、ああ、路面電車
170211-163201-鎌倉20170211 (454)_R
歴史建築物たち
170211-163901-鎌倉20170211 (462)_R
170211-164626-鎌倉20170211 (489)_R
170211-164642-鎌倉20170211 (492)_R

これは、何か歴史的な出来事があった場所か?
170211-164804-鎌倉20170211 (499)_R
「日蓮宗霊跡本山 寂光山 龍口寺」
170211-164835-鎌倉20170211 (500)_R
170211-164853-鎌倉20170211 (503)_R
170211-165052-鎌倉20170211 (512)_R

「立正安国論」を著した日蓮は、鎌倉幕府を中傷したとされ、
当時処刑場であったこの場所、龍の口に連行されました。
170211-164953-鎌倉20170211 (507)_R
この地に閉じ込められた日蓮
170211-165016-鎌倉20170211 (509)_R

いざ処刑を行う時になり、江ノ島方面から満月のような光が飛んできて
170211-161446-鎌倉20170211 (395)_R
首切り役人の目がくらみ
170211-161650-鎌倉20170211 (400)_R
斬首の刑は中止になったと言われます。(龍の口法難)
そんな事もあり、
江ノ島は今も観光地であると同時に、巡礼の地なんですね。

鎌倉プレミアム街歩き、またいつか再開します。
関連記事
鎌倉は近いので良く行きます。
何回行っても楽しい発見のある場所です。
腰越は江ノ電が道路を走るところはワクワクしますね。
電車が通るたびにシャッターを切りました。
鎌倉は路地歩きも楽しいです。
次は是非探訪してみて下さい。
[ 2017/04/17 22:15 ] [ 編集 ]
Re:ほしがきさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
ほんと、鎌倉は同じようなお店でも、鎌倉にあるというだけでさらに小粋に見えてしまう、そんなマリをもってますね。
腰越は下町系な商店達に加え路面電車が道路の真ん中を抜けていく様はリアル昭和、お肉屋さんのハムカツおいしかった~
そうですか、鎌倉の次の楽しみのキーワードは路地ですね、次の訪問で探検しますね。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2017/04/18 19:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する