下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

鎌倉 江ノ電沿線お散歩③

極楽寺駅を離れ、再度江ノ島方面へ
170211-150617-鎌倉20170211 (292)_R
170211-151756-鎌倉20170211 (314)_R
稲村ヶ崎駅
170211-152903-鎌倉20170211 (323)_R
駅付近にパラパラとお店が並ぶ、静かな町並
170211-153030-鎌倉20170211 (326)_R
そりゃそうですよね、サーフィンが有名な場所、今はシーズンオフ

170211-153724-鎌倉20170211 (332)_R
切り立った岸壁の間に見える四角い穴は戦時中に作られた横穴
170211-153841-鎌倉20170211 (343)_R

江ノ電に遭遇
170211-155900-鎌倉20170211 (383)_R
そして、七里ガ浜へ
170211-154802-鎌倉20170211 (367)_R
170211-155744-鎌倉20170211 (380)_R

もう江ノ島は目と鼻の先
170211-161419-鎌倉20170211 (393)_R
雲の合間から差す日差しが、この島を神々しく映し出す

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する