下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

京都 夢のまた夢 中書島(弐)

中書島駅から数分の所にある「新地湯」さん
お隣の伏見からすると、中心街ではない外れの地、新地
「新地」と言えば色街、、、、
170216-134559-京都20170218 (44)_R
時のかけらとして
170216-134607-京都20170218 (48)_R
残されていた姿
170216-134532-京都20170218 (39)_R

そして伏見城の外堀だった「濠川」。
170216-140140-京都20170218 (104)_R
良質な水が取れたこの街は酒蔵の街として発展
「月桂冠」
170216-135730-京都20170218 (85)_R
170216-135745-京都20170218 (90)_R
「黄桜」
170216-142209-京都20170218 (176)_R
170216-142213-京都20170218 (178)_R

そしてあっさりと私の目に飛び込んできた古建築
170216-140255-京都20170218 (108)_R
「寺田屋」
170216-140409-京都20170218 (121)_R
現役の旅館だという
170216-140419-京都20170218 (126)_R
幕末の偉人、坂本龍馬が襲撃を受けた場所
170216-140400-京都20170218 (119)_R
170216-140345-京都20170218 (116)_R
現在の建物は明治時代に建てられたもので、
当時のものでは無いとされている。

170216-140308-京都20170218 (111)_R
それにしても、司馬遼太郎の「竜馬がいく」を読んで感動したkozoh55にとっては、
忘れられない出逢いとなりました。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する