下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

中目黒 古いんだか新しいんだか③

昨日に続き「目黒銀座商店街」歩き

「おらい食堂」
170325-115920-池尻・中目黒 (418)_R
どんな料理を出してくれるのか

「目黒馬頭観音」
170325-120036-池尻・中目黒 (421)_R
170325-120043-池尻・中目黒 (423)_R
大正時代にこの商店街の顔になったわけです
170325-120129-池尻・中目黒 (424)_R

渋いのね、この建物
170325-120337-池尻・中目黒 (429)_R
入口は昭和初期の風情
170325-120412-池尻・中目黒 (430)_R
ここから二番街
170325-120643-池尻・中目黒 (434)_R
目黒銀座は、次から次へとつながっている
170325-120721-池尻・中目黒 (435)_R
これがこの商店街のロゴ
170325-120729-池尻・中目黒 (436)_R
なぜに、キリン、ジラフなんだろう。
ただ、間違いなく昭和なマークだろう

古風な洋品店
170325-121651-池尻・中目黒 (447)_R
170325-121707-池尻・中目黒 (450)_R
看板が縦書きなのが、これまたレトロだし

看板建築登場
170325-121248-池尻・中目黒 (439)_R
屋根部分の曲線が個性的で嬉しい
170325-121257-池尻・中目黒 (441)_R
まだまだ続きます、
170325-121753-池尻・中目黒 (452)_R
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する