下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

時のかけら 旧川越街道⑥

「赤塚一番街」
161220-135141-赤塚・成増201612 (109)_R
今、この街一番繁盛している感じでした。
161220-135342-赤塚・成増201612 (113)_R
161220-135344-赤塚・成増201612 (114)_R

良く育った猫がいる
161220-135515-赤塚・成増201612 (121)_R
挑戦的な子だったな
161220-135502-赤塚・成増201612 (118)_R

そうかあ、この街の有名人は
161220-135530-赤塚・成増201612 (122)_R
大仏様、「東京大仏」だったんだ。知らなくてごめんなさい。
161220-135807-赤塚・成増201612 (133)_R
広告付きの住所表示を見かけると、時の流れが身に染みます。これは、戦後のものですね。
161220-135757-赤塚・成増201612 (132)_R
関連記事
イラストの大仏さまの看板が可愛らしいですね。

で、ニャンコちゃん睨んでる?e-450
[ 2017/04/17 17:59 ] [ 編集 ]
Re: masamiさんへ
おばんです、コメントくださりありがとうございます。
はい、あの商店街の看板の大仏様、可愛すぎます。
街の人達にたくさんたくさん愛されてますから、
それに尽きますね。
このにゃんこは終始偉そうで挑戦的でした。
この写真のとおりで、猫らしい猫ですよ。
今度、大仏さんに逢いに行って、またこんな猫に出逢いたい、
そんな心持ちですよ。
[ 2017/04/18 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する